藍染はここからはじまる!藍染液(スクモ)を作る体験 1 Day ! 他ではなかなか体験レッスン「スクモ編」! (投稿ID : ptp94)

19
お気に入り登録
19
お気に入り登録済み
お気に入りに登録しました
ログインが必要です
更新2023年1月23日 10:14
作成2023年1月18日 19:56
閲覧数:1333
藍染はここからはじまる!藍染液(スクモ)を作る体験 1 Day ! 他ではなかなか体験レッスン「スクモ編」!の画像
藍染はここからはじまる!藍染液(スクモ)を作る体験 1 Day ! 他ではなかなか体験レッスン「スクモ編」! - 常総市

**************************

職人さんにお願いをして冬の期間に一度だけ開催できることになりました!

スクモ作りに興味がある方はこの機会に是非参加してみてください。

**************************



藍染職人さんから直接学べ自分で発酵させながらアドバイスも頂けるスクモ作りに挑戦できる教室です。



藍染職人さんにお願いして開催して頂いている貴重な体験レッスンです。

職人さんが使っている高級蓼藍(タデ)を使い

発酵の仕方を学びます

植物の葉っぱから発酵して藍染の原料のスクモに1年以上かけて変えていきます。


なかなか教わることのできないスクモ作り

この機会に是非!


**************************************





藍のスクモを知っていますか?

日本人口の1%以下しか知らない「スクモ」という言葉があります。
このスクモが藍染液になるものです。

*藍師(蓼藍・タデ藍植物のタネを撒いて育てて収穫、そして乾燥させ発酵、スクモにする専門職)
*染め師藍染(染める専門職)


藍のタネは春に蒔き夏に収穫します。伝統的には夏から100日かけて発酵させて行くものです。


全国的に藍染体験はたくさんありどこでもできまし1時間ほどで体験できるものがほとんどです。

実際藍染液はスクモという濃い藍染液や藍玉を作りそれを水で薄めて藍染をします。

藍染は生き物です。菌が働いて色素を生み出してくれます。
藍が弱っている時藍が力がなくなる時があるんです。

また藍染は発酵させるので発酵させる温度が夏の暖かい時期です。
生染(薄い藍)などありますがこちらは藍を発酵させて時間をかけて葉っぱを溶かしていきます。

YOUTUBEなどでは水などで発酵させて消石灰を入れて濾すやり方もありますが売っている染料などによくみられるものがそれにあたります。

伝統的なスクモはとっても手間と管理、そして時間をかけて発酵させて葉を溶かしていきます。
その期間は約100日以上といわれています。それらの手間があの美しい藍色を生み出してくれるんです。

自分で作った藍は何とも言えない感動が味わえます。
その藍で染めたものをプレゼントにしたらもらった人もまた感激するに違いないでしょう。


藍染が好きな人はもちろん、藍を自分で作りたいと思った人は以外といるかもしれません。
でも実際この藍の植物が手に入らない。そして藍を育ててもそれをどうしたらいいかわからない。。そして発行する時間がかかるので1日ではできない。。そんなことで藍染職人さんも教
えてくれるところは少ないと思います。

こちらの藍染発酵体験レッスンでは藍染職人さんから直接教えてもらえます。
とてもユーモア溢れる優しい職人さんなので気軽に質問してください。

そして一年中スクモ体験ができます。
夏の時期には収穫体験が可能になりますが収穫できない時期(7〜9月の時期)以外は乾燥させたタデ藍を準備してあります。

もし興味がある方はこの機会にぜひ参加してください。

****体験レッスン****

スクモ体験レッスン 1Day!


1、藍の知識、藍藍のお茶試飲(1時間ほど)/

藍やスクモの知識、藍のお茶、タデ藍について
昔から薬用として愛されて着た貴重な藍のお茶を飲みながら藍についてお話。

職人さんが使う乾燥したプロの最高級タデ藍使用

葉と茎を別々に仕分けます。



2、藍染発酵レッスン1 
藍染液の知識、藍染仕込み (1時間ほど)
乾燥させた葉発酵させる準備をします。
準備が終わった藍は自宅に持って帰り発酵を観察します。

希望により
先生との藍染LINEグループ作成
日々の変化を写真などで送ってチェックしてもらえます。



1年後に藍の発酵状況を最終チェック!
完成すればいつでも好きな時に藍染をすることができます。そのやり方も教えてもらえます。
スクモは藍染の元液これで完成、常温で長期保存もできます。


体験参加費 8500円(材料費込み)


所要時間:約3時間 


場所: 常総市

スケジュールを調整して開催いたします。

定員: 5名ほど


約50g〜100gほどのスクモが完成します
(水分量にも変わります) 

初めから大量の蓼藍を使って挑戦するよりも一度少ない量で学んで試してみることをお勧めしています。最初から大量の蓼藍を使って失敗したら動力と時間が無駄になるからです。

蓼藍の育成は知識と感覚さえ学べば難しくはありません
この機会に職人さんとコミュニケーションをとりながら是非蓼藍のスクモを完成さえてみてください!


参加希望の方は
名前 苗字だけで大丈夫です。
性別 
年齢 20代~40代~60代以上からお選びください
お住い
染色を学びたい理由
希望の時間帯や曜日 

を書いてお伝えください。

コロナ3蜜のために人数がいっぱいになり次第受付終了になります。
ご了承ください。

より多くの方に藍染体験を経験して頂きたいので
藍収穫は夏のみに限らせていただきます。藍染液、スクモの取れる量は発酵の仕方や管理によって変わってきます。

藍はこの夏の時期にできるのは蚊の時期と同じです。藍染は蚊を寄せつけません。
藍だけではありませんがドクダミなども一緒です。

藍で染めたマフラーや洋服などを着ているだけで虫除けになるんです。

日本伝統文化の藍染を是非手作りで感じて見てください。



直接/仲介 直接
地域
開催場所 茨城県常総市
投稿者にメールで問い合わせ

※問い合わせは会員登録とログイン必須です

注意事項

ジモティーからの注意事項

トラブルの際は 警察等の捜査依頼に積極的に協力しております。
ご相談は こちら

詐欺やトラブルにご注意ください

投稿者 Issei
男性
投稿: 94
身分証
電話番号
認証とは
日本の素敵なこと、物、文化など日本の魅力を伝えています。世の中には知らない...
評価
  • 良い otta

    三日間、本当にありがとうございました。麹菌の凄さを教えていただきました。感...

  • 良い oga

    竹を切るところからカゴを編むまで、楽しい時間を過ごすことができました!立派...

日本文化の教室・スクールの関連記事

藍染はここからはじまる!藍染液(スクモ)... 茨城 教室・スクール情報 を見ている人は、こちらの記事も見ています。

Isseiさんのその他の投稿記事

関連キーワード検索

関連の掲示板

ジモティー安心安全ガイド
新着投稿の通知をメールで受け取る

登録した条件で投稿があった場合、メールでお知らせします。

キーワード
+ さらに詳しい条件を登録
カテゴリ
エリア
ネット決済
配送可能
ー 閉じる
メールアドレス

利用規約 をご確認の上、登録をお願いします。