ジモティートップ  >  心理学仏教WSさんのプロフィール

心理学仏教WSさんのプロフィール

心理学仏教WSさんのプロフィール画像

「毎日が同じことの繰り返しに感じる。新たな刺激がほしい」 「今までない学びを得て、スキルアップや、いい人間関係づくりに役立てたい」 「職場以外の友達がほしい」 そんな気持ちに応えられるよう、この勉強会では、いろいろな職種の方が参加されて交流を深めていただくとともに、日常に生かせる心理学を紹介しているワークショップです。


もっと見る


ニックネーム
心理学仏教WS

認証
電話番号

評価
0 0 0

性別
男性

登録日時
2017/04/04

居住区
東京都目黒区

職業
未登録



投稿一覧 投稿一覧
評価一覧 評価一覧
イベント

【中目黒】ブッダとアドラー心理学に学ぶ「“性格の法則” から知る 対人関係の悩み解消法(性格の分類編)」ワークショップ-東京

2/2 目黒区 上目黒
日時:2/2(木)14:00~15:00 場所:中目黒レンタルスペース(中目黒駅・徒歩2分) 「毎日が同じことの繰り返しに感じる。新たな刺激がほしい」 「今までない学びを得て、スキルアップや、いい人間関係づくりに役立てたい」 「職場以外の友達がほしい」 そんな気持ちに応えられるよう、この勉強会では、いろいろな職種の方が参加されて交流を深めていただくとともに、日常に生かせる心理学を紹介します。 今回のテーマは ブッダとアドラー心理学から学ぶ「“性格の法則” から知る 対人関係の悩み解消法(性格の分類編)」 です。 『嫌われる勇気』がベストセラーとなったことで 一躍 知られるようになったのがアドラー心理学ですね。 アドラー心理学では、 「人間の悩みはすべて対人関係の悩みである」といわれます。 「相手の顔色をうかがいすぎて、言うべきことが言えない」 「自分のことを理解してもらえない。がんばりを認めてもらえない」 「何気なくいわれた言葉に傷ついて、なかなか忘れられない…」 など、 実際に対人関係で悩み、生きづらさを抱えている方は非常に多いと思います。 どうすれば対人関係の悩みを解消できるのでしょうか。 それには「“人間とは何か”を知る」ことが大切です。 「私達はどういう考えを持っているのか」 「なぜ自分(他者)はこのような言動をとるのか」 がわからなければ、自分をうまく表現できず、相手も理解できずに不審を持ち、 周囲の人と上手に付き合うことに失敗してしまいます。 反対に、人間とはどのようなものかがわかれば、 相手と自分の関係を高い視点から見ることができ、相手のことも理解できて、自分が取るべき行動も明確になって、もっとずっとよく共生できるのです。 これをアドラーは 「人が共生するためには、お互いを理解することが絶対に欠かません」 と語っています。 その「“人間とは何か”を知る」ということは、「“人の考えや行動のパターン”を知る」こと、 いわば「“性格とは何か”を知る」ということです。 ・何が性格を作るのか ・自分はどんな性格であり(あるいは他者はどんな性格であり)、それは望ましい性格か、問題のある性格か ・問題のある性格から望ましい性格に変えるにはどうすればいいか がわかれば、他者と良好な関係を築いていくことができるでしょう。 今回のワークショップでは、アルフレッド・アドラー著『性格の法則』にもとづいた ・どのように性格はつくられるのか ・幸福になる性格/必ず不幸になる性格とは何か ・幸福になる性格の形成法 をご紹介していきます。 そして、このアドラー心理学と親和性があるのが、ブッダ(お釈迦様)の教えです。 AI研究の権威から「ブッダは偉大な心理学者である」と称賛されるほど、お釈迦様は人間の心理を詳しく教えられました。 仏教は初めて学ぶという方にも わかりやすく 仏教の観点での「幸福になる性格とは何か」をお話しします。 <勉強会の内容> ◯「“人間とは何か(=性格)”を知る」ことの重要性  -根本的な対人関係の悩み解決につながる ◯アドラーが語る「性格の法則」とは?  性格を理解する3ステップ  1.何が性格を作るのか  2.性格はどう分類されるのか  3.感情と性格の関係とは  ※今回は1番目と2番目について ◯性格は生まれつきではない?  人の性格(=考え方や行動のパターン)を決めるのは〇〇 ◯性格はどう分類されるのか?  幸せになるか、必ず不幸になるかを分ける2つの大きな要素 ◯「〇〇心」の強い人は必ず不幸になる…  特に気をつけるべき人生への態度 ◯“性格の法則”を踏まえた、対人関係の問題を解消する具体的な方法 <参加された方の声> 「嫌われる勇気」の本を読んではいたけど、具体的にイメージできていなかったので、今日の話を聞いて、具体的に理解することができました。 プレゼンの仕方がとても上手で、聞いていて全く飽きなかったです。 (20代・女性) 名前だけ知っていたアドラーについて、何を言っている人なのか知ることができました。 講師の語り口が穏やかで、聞いていてラクでした。 (30代・男性) <タイム・テーブル> 14:00 開始、自己紹介タイム(10分) プレゼンターのからの話(50分) 15:00 終了、終了後も希望者でフリートーク <参加費> 1000円をお預かりしています。 <プレゼンター> 南雄一郎 2011年 金沢大学 工学部 卒業 職種:ライター 大学時代に仏教を学び始め、10年。 仏教で説かれるブレない“人生の指針”を伝えたいと思い、心理学や自己啓発を切り口に、都内でワークショップを開催。 ワークショップ累計回数は500回以上。 <お申し込みにあたって> • 会場詳細は、お申し込みをされた方にメールでお知らせします ・以下のフォームから参加お申し込みください。  https://forms.gle/qHAgTtBt5Qzs9m1TA • ネットワークビジネスなどの勧誘目的での参加はご遠慮ください
01/25
イベント

【後楽園】ブッダとアドラー心理学から学ぶ 「対人関係を円滑にする“横の関係”の築き方」ワークショップ-東京

2/1 文京区 春日
日時:2/1(水)19:30~21:00 場所:文京シビックセンター(後楽園駅/春日駅・直結) 「毎日が同じことの繰り返しに感じる。新たな刺激がほしい」 「今までない学びを得て、スキルアップや、いい人間関係づくりに役立てたい」 「職場以外の友達がほしい」 そんな気持ちに応えられるよう、この勉強会では、いろいろな職種の方が参加されて交流を深めていただくとともに、日常に生かせる心理学を紹介します。 今回のテーマは ブッダとアドラー心理学から学ぶ 「対人関係を円滑にする“横の関係”の築き方」 です。 アドラー心理学では「人間の悩みはすべて対人関係の悩みである」と教えられているように、職場でも家庭でも、対人関係の悩みは絶えません。 相手の言動が気になってイライラしたり、腹を立てたりして、それがまた相手に伝わって余計に関係がこじれることもあるでしょう。 イライラや嫉妬心などの感情がコントロールできるようになれば、もっと対人関係は円滑になるのに…と思いますよね。 なぜ対人関係がうまくいかず、負の感情で苦しんでしまうのでしょうか? それはアドラー心理学の観点では、“縦の関係”を築いているから、といわれます。 “縦の関係”のために負の感情が出てきて、相手の関係がより悪化してしまうのです。 それとは反対に“横の関係”を築くことができれば、そもそも負の感情は出てこなくなるのです。 それでこそ、相手と協力的な関係、信頼関係へと入っていくことができます。 ワークショップでは ・対人関係の2つのあり方-縦の関係と、横の関係-とは何か? ・どうすれば横の関係を築くことができるのか? について、具体例をあげながらお話ししていきます。 そして、このアドラー心理学と親和性があるのが、ブッダ(お釈迦様)の教えです。 AI研究の権威から「ブッダは偉大な心理学者である」と称賛されるほど、お釈迦様は人間の心理を詳しく教えられました。 ブッダの心理学の学びも、横の関係を構築することに大いに役立ちます。 仏教は初めて学ぶ、という方にわかりやすく仏教もあわせてお話しします。 <勉強会の内容> ◯「ついカッとなってやってしまった」はウソ?  感情的になる本当の理由 ◯アドラー心理学の第一人者が明らかにする「感情のメカニズム」 ◯怒りの感情の元にある考えは?  「私は◯◯◯ 、相手が△△△」 ◯トラブルの元である「縦の関係」、  人間関係が円滑になる「横の関係」とは? ◯縦の関係をなくし 横の関係を築く3つのメソッド  1.私にできることは何かを、絶えず考え続ける-課題の分離  2.理想と現実とを区別する-「べき」の境界線  3.「私は正しい」を思い直す-意見言葉の使用 <参加された方のご感想> アドラー心理学の本を読んではいたけど、具体的にイメージできていなかったので、今日の話を聞いて、具体的に理解することができました。 プレゼンの仕方がとても上手で、聞いていて全く飽きなかったです。 (20代・女性) 名前だけ知っていたアドラーについて、何を言っている人なのか知ることができました。 講師の語り口が穏やかで、聞いていてラクでした。 (30代・男性) <タイム・テーブル> 19:30 開始、自己紹介タイム(10分) アドラー心理学の紹介(40分) フリートーク(10分) アドラー、ブッダの心理学の紹介(30分) 21:00 終了、終了後も希望者でフリートーク <参加費> 1000円をお預かりしています。 <プレゼンター> 南雄一郎 2011年 金沢大学 工学部 卒業 職種:ライター 大学時代に仏教を学び始め、10年。 仏教で説かれるブレない“人生の指針”を伝えたいと思い、心理学や自己啓発を切り口に、都内でワークショップを開催。 ワークショップ累計回数は500回以上。 <お申し込みにあたって> • 会場詳細は、お申し込みをされた方にメールでお知らせします ・以下のフォームから参加お申し込みください。  https://forms.gle/qHAgTtBt5Qzs9m1TA • ネットワークビジネスなどの勧誘目的での参加はご遠慮ください
01/24
イベント

【中目黒】ブッダと心理学から学ぶ「自分への思いやり(セルフ・コンパッション)の効果と身につけ方」ワークショップ-東京

1/28 目黒区 上目黒
日時:1/28(土)10:00~11:30 場所:中目黒レンタルスペース(中目黒駅・徒歩2分) 「毎日が同じことの繰り返しに感じる。新たな刺激がほしい」 「今までない学びを得て、スキルアップや、いい人間関係づくりに役立てたい」 「職場以外の友達がほしい」 そんな気持ちに応えられるよう、この勉強会では、いろいろな職種の方が参加されて交流を深めていただくとともに、日常に生かせる心理学を紹介します。 今回のテーマは ブッダと心理学から学ぶ「自分への思いやり(セルフ・コンパッション)の効果と身につけ方」 です。 「セルフ・コンパッション」という言葉をご存知でしょうか? 「自分への思いやり」や「自分に対する慈悲」という意味で、人生のつらい局面を乗り越え、人生を豊かにする概念として注目されつつあります。 自分への思いやりがないと、自己批判的になってしまいます。 どんなに周囲から評価させ、大事にされようと、 「ダメだ」 「もっとがんばれ」 「私なんか愛されるはずがない」 と自分を責めてしまいがちになります。 しかしセルフ・コンパッションを育むと、 人生がつらいときも、その苦しさを和らげてくれて、 心のバランスを 取り戻すことができます。 また人生が順調なときも、セルフ・コンパッションの実践により、罪悪感をもたずに喜びを 味わえるようになるのです。 さらにセルフ・コンパッションは誰でも身につけることができ、実践するほど育むこともできることが、科学的にも実証されています。 セルフ・コンパッション・レーニングによって気持ちの面からあらゆる苦しさを減らし、不安・抑うつ・怒りをやわらげることができるようになります。 今回のワークショップでは、 アメリカの心理療法家 ティムディスモンド氏の『セルフ・コンパッション スキル ワークブック』を通して、 ・セルフ・コンパッションの重要性、似たような概念との違い ・セルフ・コンパッション実践の3ステップ をご紹介していきます。 また、これと同時にお話しするのが、2600年前に説かれた仏教です。 セルフ・コンパッションは、もともとは仏教で説かれる「慈悲」からそのヒントを得たともいわれています。 マインドフルネスと同様に、仏教が由来となっている概念なのですね。 ワークショップでは、その仏教で説かれる自分への思いやりについての教えもあわせてご紹介します(仏教を学んだことがない、という方にもわかりやすくお話しします)。 <勉強会の内容> ◯セルフ・コンパッションの由来となった「慈悲」とは? ◯セルフ・コンパッションと「自尊心」との違いとは?  セルフ・コンパッションは「自尊心のプラスの面は含まれ、 マイナスの面は含まれない」 ◯セルフ・コンパッション と脳のメカニズム  実践するほど強くなる「思いやり回路」 ◯セルフ・コンパッション実践の3ステップ  1.ボディスキャン  2.アクセプタンス  3.自分に優しくする3つの実践 ◯セルフ・コンパッションの大前提  「誰もが本質的に価値ある存在だ」という認識 <タイム・テーブル> 10:00 開始、自己紹介タイム(10分) プレゼンターのからの話(40分) フリートーク、休憩(20分) プレゼンターのからの話(20分) 11:30 終了、終了後も希望者でフリートーク <参加費> 1000円をお預かりしています。 <プレゼンター> 南雄一郎 2011年 金沢大学 工学部 卒業 職種:ライター 大学時代に仏教を学び始め、10年。 仏教で説かれるブレない“人生の指針”を伝えたいと思い、心理学や自己啓発を切り口に、都内でワークショップを開催。 ワークショップ累計回数は500回以上。 <お申し込みにあたって> • 会場詳細は、お申し込みをされた方にメールでお知らせします ・以下のフォームから参加お申し込みください。  https://forms.gle/qHAgTtBt5Qzs9m1TA • ジモティー以外から参加される方もいます • ネットワークビジネスなどの勧誘目的での参加はご遠慮ください
01/21
イベント

【後楽園】ブッダと心理学に学ぶ「ACT入門-思考と感情を受け容れ、悩みを長期的に解消する方法(価値ある目標に向かって行動する編)」ワークショップ-東京

1/25 文京区 春日
日時:1/25(水)19:30~21:00 場所:文京シビックセンター(後楽園駅/春日駅・直通) 「毎日が同じことの繰り返しに感じる。新たな刺激がほしい」 「今までない学びを得て、スキルアップや、いい人間関係づくりに役立てたい」 「職場以外の友達がほしい」 そんな気持ちに応えられるよう、この勉強会では、いろいろな職種の方に参加してもらって交流を深めるとともに、日常に生かせる心理学を紹介します。 今回のテーマは ブッダと心理学に学ぶ「ACT入門-思考と感情を受け容れ、悩みを長期的に解消する方法(価値ある目標に向かって行動する編)」 です。 「ACT(アクト)」という心理療法を聞かれたことはあるでしょうか。 「ACT」とは、「アクセプタンス&コミットメント・セラピー」を略した言葉で、 注目を集めている心理療法の1つです。 今日、心理療法の中心となっているものに「認知行動療法」がありますが、「ACT」は「第3世代の認知行動療法」と呼ばれています。 これまでの心理療法のアプローチは、「思考や感情をいいものにコントロールしていく」ことを目的とされていました。 ・ネガティブ思考が原因で、気持ちが沈んで苦しくなるのだから、それをポジティブ思考に変える ・ネガティブな感情を抑え込んで、ポジティブな感情を増やす というものです。 このアプローチも効果がないわけではありません。 しかし一時的に気分がよくなっても、長い目で見ると、ネガティブな思考や感情が戻ってきてしまい、また苦しい状態になってしまうのです。 そもそも人間は、危険から身を守るために、それをいち早く察知できるように進化していきました。 だから、思考や感情がネガティブになってしまうのは避けられないことです。まして、それらを追い出すことはできません。 さらに、追い出したと思っていた考えや感情に再び見舞われると、「自分はダメな人間だ」と思って、無力感に陥ってしまうこともあります。 それに対して「ACT」では、コントロールする・追い出そうとするのではなく、 「思考と感情を受容する(アクセプタンスする)」というアプローチがとられています。 受容するとは、“あるがままに見て、それと平和的な関係を結ぶ”ことです。 その上で、自分の本当に大事な価値とつながって、効果的な行動をとる、 そうすることで満ち足りた人生を送れると教えられています。 ワークショップでは、 ・そもそも「ACT」とは何なのか、具体的にどんなことか ・「ACT」を日常生活でどう取り入れていけばいいのか、その実践法 をご紹介していきます。 それと同時にお話しするのが、ブッダの教えです。 ブッダとは、2600年前に悟りをひらき、仏教を説いたお釈迦様のことです。 人間の心を奥底まで知られたお釈迦様も、私たちが幸せになるための仕組みを詳しく説かれ、そのための考え方や行動も多く教えられています。 ワークショップでは、仏教は学ばれたことがない方にもわかりやすく、仏教の観点での「思考と感情の受け容れ方」をお話しします。 <勉強会の内容> ◯注目を集めている「ACT」とは何か?  新たな心理療法のメカニズムを解説 ◯従来の心理療法のアプローチと、「ACT」のアプローチの明確な違い ◯「ACT」を理解するのに欠かせない“6つの基本行動原則”とは ◯「ACT」を使って、意味ある人生を送れるようになるステップ  1.脱フュージョンを実践し、思考から自由になる  2.感情を理解し、拡張(受容)する  3.価値観を明確にし、それとつながる  4.価値ある目標に向かって行動する  ※今回は4番目について(どの回から参加されても、ご理解いただける内容です) ◯なぜ目標に向かっての行動を起こせないのか?  人生に意味ある変化を起こすことができない4つの障害 ◯4つの障害を乗り越え、  価値に沿った効果的な行動を起こす 具体的な方法 ◯仏教から知る、後悔なく生きるために欠かせない視点 <タイム・テーブル> 19:30 開始 、自己紹介タイム(10分) ACTの紹介(40分) フリートーク(10分) ACT、ブッダの心理学の紹介(30分) 21:00 終了、終了後も希望者でフリートーク <参加費> 1000円をお預かりしています。 <プレゼンター> 南雄一郎 2011年 金沢大学 工学部 卒業 職種:ライター 大学時代に仏教を学び始め、10年。 仏教で説かれるブレない“人生の指針”を伝えたいと思い、心理学や自己啓発を切り口に、都内でワークショップを開催。 ワークショップ累計回数は500回以上。 <お申し込みにあたって> • 会場詳細は、お申し込みをされた方にメールでお知らせします ・以下のフォームから参加お申し込みください。  https://forms.gle/qHAgTtBt5Qzs9m1TA • ジモティー以外から参加される方もいます • ネットワークビジネスなどの勧誘目的での参加はご遠慮ください
01/21
イベント

【後楽園】ブッダとアドラー心理学に学ぶ「対人関係の“問題行動の5段階”と、そこから脱する方法」ワークショップ-東京

1/18 文京区 春日
日時:1/18(水)19:30~21:00 場所:文京シビックセンター(後楽園駅/春日駅・直通) 「毎日が同じことの繰り返しに感じる。新たな刺激がほしい」 「今までない学びを得て、スキルアップや、いい人間関係づくりに役立てたい」 「職場以外の友達がほしい」 そんな気持ちに応えられるよう、この勉強会では、いろいろな職種の方が参加されて交流を深めていただくとともに、日常に生かせる心理学を紹介します。 今回のテーマは ブッダとアドラー心理学から学ぶ「対人関係の“問題行動の5段階”と、そこから脱する方法」 です。 哲人と青年の対話形式でアドラー心理学を解説した『嫌われる勇気』は200万部を超えるベストセラーとなり、アドラー心理学ブームの火付け役となりました。 その約2年後に発売された『幸せになる勇気』もまたベストセラーになっています。 『幸せになる勇気』には、 職場の人や夫婦、家族との関係でトラブルを招く“問題行動の5段階”が教えられています。 <問題行動の5段階> 1.称賛の要求 2.注目喚起 3.権力闘争 4.復讐 5.無力の証明 段階を下がるほど関係の改善が難しくなり、やがては当事者同士では取り返しのつかない状況になってしまうのです。 それぞれの行動のどこに問題があるのか、具体的な例を通してご紹介するとともに、 ・相手の問題行動・トラブルを防ぎ、関係を良好にする方法 ・自分が問題行動に走らないための対策 についてお話しします。 その心理学と親和性の高いのがブッダの教えです。 仏教を説かれたお釈迦様は、人間の心について詳しく説かれました。 それは、現代の心理学者が、仏教は現代の心理学に矛盾するどころか、「仏教はまさに『心理学』である」と称賛するほどであり、人間関係を良好するヒントも多く教えられています。 ワークショップでは、その仏教の内容もからめてお話ししていきます。 <勉強会の内容> ◯人間の根源的な欲求から知る、問題行動を起こす理由 ◯ほめられようとするのはなぜよくないのか?  見落としやすい“目的” ◯問題行動を起こす人に共通する心境  「〇〇なあなた、〇〇〇〇〇なわたし」 ◯権力闘争をのぞまれたときに、  絶対にやってはならないこと ◯相手の問題行動を防ぎ、関係を良好にする3つのアプローチ ◯自分自身が問題行動を起こさないための、  たった1つの方法 <参加された方のご感想> 「嫌われる勇気」の本を読んではいたけど、具体的にイメージできていなかったので、今日の話を聞いて、具体的に理解することができました。 プレゼンの仕方がとても上手で、聞いていて全く飽きなかったです。 (20代・女性) 名前だけ知っていたアドラーについて、何を言っている人なのか知ることができました。 講師の語り口が穏やかで、聞いていてラクでした。 (30代・男性) <タイム・テーブル> 19:30 開始、自己紹介タイム(10分) アドラー心理学の紹介(40分) フリートーク(10分) アドラー、ブッダの心理学の紹介(30分) 21:00 終了、終了後も希望者でフリートーク <参加費> 1000円をお預かりしています。 <プレゼンター> 南雄一郎 2011年 金沢大学 工学部 卒業 職種:ライター 大学時代に仏教を学び始め、10年。 仏教で説かれるブレない“人生の指針”を伝えたいと思い、心理学や自己啓発を切り口に、都内でワークショップを開催。 ワークショップ累計回数は500回以上。 <お申し込みにあたって> • 会場詳細は、お申し込みをされた方にメールでお知らせします ・以下のフォームから参加お申し込みください。  https://forms.gle/qHAgTtBt5Qzs9m1TA • ジモティー以外から参加される方もいます • ネットワークビジネスなどの勧誘目的での参加はご遠慮ください
01/11
イベント

【中目黒】ブッダと心理学に学ぶ「マインドフルネスで自己肯定感を高める方法-トラブル・不運への対処編」

1/14 目黒区 上目黒
日時:1/14(土)17:00~18:30 場所:中目黒レンタルスペース(中目黒駅・徒歩2分) 「毎日が同じことの繰り返しに感じる。新たな刺激がほしい」 「今までない学びを得て、スキルアップや、いい人間関係づくりに役立てたい」 「職場以外の友達がほしい」 そんな気持ちに応えられるよう、この勉強会では、いろいろな職種の方が参加されて交流を深めていただくとともに、日常に生かせる心理学を紹介します。 今回のワークショップでは、 ブッダと心理学に学ぶ「マインドフルネスで自己肯定感を高める方法-トラブル・不運への対処編」 についてです。 今回のワークショップのキーワードが 「自己肯定感」と「マインドフルネス」です。 「自己肯定感」とは、「“あるがままの自分で大丈夫だ”と思える感覚」のことをいいます。 自己肯定感が弱い、あるがままの自分で大丈夫だと思えないと ・人に肯定してもらいたくて、相手の頼みごとを断れない ・どんなにがんばっても自分にOKを出せない ・ネガティブに考えて、不安な気持ちを抱きやすい  「自分はダメだ」と自己否定しやすくなる など、生きづらさを感じてしまいます。 反対に、自己肯定感が強ければ、 ・他人の評価が過度に気にならなくなり、イヤなことはきちんと断れる ・ストレスやプレッシャーにも負けずに、前向きに生きられる ・多少イヤなことあっても 「まっ、いいか」と思える ・「これが今の自分だ」と胸を張れる のようになるのです。 では、そんな自己肯定感を高めていくにはどうすればいいのでしょうか。 そこでもう1つのキーワード「マインドフルネス」が紹介されています。 「マインドフルネス」は、「“今、ここ”に生きる」ことです。 私達は、“今、ここ”から心が離れ、 過去や未来に意識が飛んでしまうことで、不安やストレスを感じ、自信を持てなくなってしまいます。 しかし「“今、ここ”に生きる」ことができれば、不安な気持ち、ネガティブな思考を客観視でき、 それらのものを自然に手放すことも可能になるのです。 そのマインドフルネスが習慣化すれば、くよくよと落ち込むことはなくなり、 前向きに行動して、自信を持てて、自己肯定感は着実に強くなっていくのですね。 ワークショップでは、 ・マインドフルネスで自己肯定感が強くなっていくメカニズム ・マインドフルネスで自己肯定感を高めるステップ をご紹介していきます。 それと同時にお話しするのが、ブッダの教えです。 ブッダとは、2600年前に悟りをひらき、仏教を説いたお釈迦様のことです。 人間の心を奥底まで知られたお釈迦様は、私たちが幸せになるための仕組みを詳しく説かれ、 そのための考え方や行動も多く教えられています。 ワークショップでは、仏教は学ばれたことがない方にもわかりやすく、仏教の観点での「自己肯定感を高める方法」をお話しします。 <講座内容> ◯自己肯定感が弱い人・強い人の特徴とは? ◯「マインドフルネス」「アファメーション」で自己肯定感が高まる理由 ◯マインドフルネス・アファメーションで自己肯定感を高める3つのステップ  1.マインドフルネスで自己肯定感を強化する  2.トラブルや不運を自己成長の機会へと変える  3.自分自身を受け入れ、相手を受け入れる  ※今回は2番目について(どの回から参加されても、ご理解いただける内容です) ◯今からできる、マインドフルネスの実践法-「ラベリング」を解説 ◯ネガティブからポジティブに切り替えるには?  「すべてのことは〇〇〇〇が招いたこと」と受け止めれば、  イヤな出来事に対してもポジティブ思考になれる! ◯トラブルを成長の糧へと変えられる思考法-トラブルは「私への〇〇〇〇〇」 ◯ ポジティブ思考の究極の形は「あらゆることに〇〇する」 ◯トラブル・不運を根本的に解決できる仏教の法則-  「カルマ」と「諦観」 <タイム・テーブル> 17:00 開始、自己紹介タイム(10分) ブッダの心理学の紹介(40分) フリートーク(10分) ブッダの心理学の紹介(30分) 18:30 終了、終了後も希望者でフリートーク <参加費> 1000円をお預かりしています。 <プレゼンター> 南雄一郎 2011年 金沢大学 工学部 卒業 職種:ライター 大学時代に仏教を学び始め、10年。 仏教で説かれるブレない“人生の指針”を伝えたいと思い、心理学や自己啓発を切り口に、都内でワークショップを開催。 ワークショップ累計回数は500回以上。 <お申し込みにあたって> • 会場詳細は、お申し込みをされた方にメッセージでお知らせします ・以下のフォームから参加お申し込みください。  https://forms.gle/qHAgTtBt5Qzs9m1TA • ジモティー以外から参加される方もいます • ネットワークビジネスなどの勧誘目的での参加はご遠慮ください
01/06
イベント

【中目黒】ブッダとアドラー心理学に学ぶ「対人関係が激­変する“課題の分離”」ワークショップ-東京

1/14 目黒区 上目黒
日時:1/14(土)14:00~15:30 場所:中目黒レンタルスペース(中目黒駅・徒歩2分) 「毎日が同じことの繰り返しに感じる。新たな刺激がほしい」 「今までない学びを得て、スキルアップや、いい人間関係づくりに役立てたい」 「職場以外の友達がほしい」 そんな気持ちに応えられるよう、この勉強会では、いろいろな職種の方が参加されて交流を深めていただくとともに、日常に生かせる心理学を紹介します。 今回は、 ブッダとアドラー心理学に学ぶ「対人関係が激­変する“課題の分離”」 についてです。 アドラー心理学では「人間の悩みはすべて対人関係の悩みである」と教えられています。 アドラーの言うように、人間関係で悩んでいない人はいないでしょう。 「高圧的な上司がいて、常に不安になる」 「同僚の仕事が順調に進んでいるのを見て、ねたましく思ってしまう」 「彼に尽くしても、感謝の言葉がなくて腹立たしい」 など。 そんな人間関係の悩みを抱えたままでは精神的に苦しく、まいってしまいます。 どうすれば対人関係の悩みを解消して、幸せに生きられるのでしょうか? そのときにおすすめしたい方法が、「課題の分離」です。 ベストセラー『嫌われる勇気』には、「課題の分離ができるだけで、対人関係は激変する」と教えられています。 今回のワークショップでは ・課題の分離とは具体的にどういうことなのか ・実生活でどのように生かしていけばいいのか、そのメソッドと注意点 についてお話しします。 今回ご紹介するアドラー心理学と親和性があるのが、ブッダ(お釈迦様)の教えです。 AI研究の権威から「ブッダは偉大な心理学者である」と称賛されるほど、 お釈迦様は人間の心理を詳しく教えられました。 ブッダの心理学を学ぶことでも、対人関係の悩みを解消する多くの方法を知ることができます。 仏教は初めて学ぶ、という方にわかるよう、ブッダの教えもあわせてお話しします。 <勉強会の内容> ◯対人関係を激変させる「課題の分離」とは?  実例を通して紹介 ◯課題を分離するときの基本-「私にできることは何か」を問いはじめる ◯これを言っていませんか?  他者との関係を悪化させる「YOUメッセージ」 ◯これを使えば上手に課題の分離ができる、  相手をやる気にさせる「I(アイ)メッセージ」 ◯精神的に健康に生きる秘訣-「他者貢献感」を持つ大切さ ◯ブッダの教える、すぐに実行できる「7つの他者貢献」 ◯自分を卑下して、不安や恐れを抱いていませんか?  自分の課題に介入させないための、自己尊重の3つのポイント <参加された方のご感想> アドラー心理学の本を読んではいたけど、具体的にイメージできていなかったので、今日の話を聞いて、具体的に理解することができました。 プレゼンの仕方がとても上手で、聞いていて全く飽きなかったです。 (20代・女性) 名前だけ知っていたアドラーについて、何を言っている人なのか知ることができました。 講師の語り口が穏やかで、聞いていてラクでした。 (30代・男性) <タイム・テーブル> 14:00 開始、自己紹介タイム(10分) アドラー心理学の紹介(40分) フリートーク(10分) アドラー、ブッダの心理学の紹介(30分) 15:30 終了、終了後も希望者でフリートーク <参加費> 1000円をお預かりしています。 <プレゼンター> 南雄一郎 2011年 金沢大学 工学部 卒業 職種:ライター 大学時代に仏教を学び始め、10年。 仏教で説かれるブレない“人生の指針”を伝えたいと思い、心理学や自己啓発を切り口に、都内でワークショップを開催。 ワークショップ累計回数は500回以上。 <お申し込みにあたって> • 会場詳細は、お申し込みをされた方にメールでお知らせします ・以下のフォームから参加お申し込みください。  https://forms.gle/qHAgTtBt5Qzs9m1TA • ネットワークビジネスなどの勧誘目的での参加はご遠慮ください
01/05
イベント

【中目黒】ブッダとアドラー心理学に学ぶ「良好な対人関­係を築く“勇気づけの3段階”」ワークショップ-東京

1/11 目黒区 上目黒
日時:1/11(水)14:00~15:00 場所:中目黒レンタルスペース(中目黒駅・徒歩2分) 「毎日が同じことの繰り返しに感じる。新たな刺激がほしい」 「今までない学びを得て、スキルアップや、いい人間関係づくりに役立てたい」 「職場以外の友達がほしい」 そんな気持ちに応えられるよう、この勉強会では、いろいろな職種の方が参加されて交流を深めていただくとともに、日常に生かせる心理学を紹介します。 今回のテーマは ブッダとアドラー心理学から学ぶ「良好な対人関­係を築く“勇気づけの3段階”」 です。 アドラー心理学は「勇気の心理学」ともいわれ、勇気は健康に前向きに生きていくのに重要な要素であると教えられています。 勇気が欠けてしまうと、自分には問題は解決できない、自分は役に立たないと感じてしまいます。 そうなると周りの人も信じられなくなり、対人関係でトラブルが生じてしまうのですね。 反対に勇気があれば、困難にも立ち向かっていき、仮に失敗しても、すばやく力強く立ち上がることができます。 周りの人とのトラブルが生じるどころか、協力的な関係、信頼関係を築くことができるのです。 ワークショップでは、 ・相手を勇気づけるときの土台 ・相手の勇気を回復させる3段階 ・自分への勇気づけの方法 をご紹介します。 そして、このアドラー心理学と親和性があるのが、ブッダ(お釈迦様)の教えです。 AI研究の権威から「ブッダは偉大な心理学者である」と称賛されるほど、お釈迦様は人間の心理を詳しく教えられました。 仏教は初めて学ぶという方にも、仏教の観点での勇気づけの方法をわかりやすくお話しします。 <勉強会の内容> ◯勇気のある状態、ない状態とは?  勇気は「良好な関係を築く鍵」 ◯勇気がくじかれていることのデメリット ◯適切な勇気づけの方法  1. 相手の味方になる(普段からの勇気づけ)  2. 勇気を回復させる3段階  3. 自分への勇気づけ(自己受容)の方法 ◯相手の敵となってしまう行為、味方になれる行為 ◯相手との関係をすっきり整理できる「課題の分離」とは? <参加された方のご感想> アドラー心理学の本を読んではいたけど、具体的にイメージできていなかったので、今日の話を聞いて、具体的に理解することができました。 プレゼンの仕方がとても上手で、聞いていて全く飽きなかったです。 (20代・女性) 名前だけ知っていたアドラーについて、何を言っている人なのか知ることができました。 講師の語り口が穏やかで、聞いていてラクでした。 (40代・男性) <タイム・テーブル> 14:00 開始、自己紹介タイム(10分) プレゼンターのからの話(50分) 15:00 終了、終了後も希望者でフリートーク <参加費> 1000円をお預かりしています。 <プレゼンター> 南雄一郎 2011年 金沢大学 工学部 卒業 職種:ライター 大学時代に仏教を学び始め、10年。 仏教で説かれるブレない“人生の指針”を伝えたいと思い、心理学や自己啓発を切り口に、都内でワークショップを開催。 ワークショップ累計回数は500回以上。 <お申し込みにあたって> • 会場詳細は、お申し込みをされた方にメールでお知らせします ・以下のフォームから参加お申し込みください。  https://forms.gle/qHAgTtBt5Qzs9m1TA • ネットワークビジネスなどの勧誘目的での参加はご遠慮ください
01/05
イベント

【水曜昼・中目黒】ブッダとアドラー心理学に学ぶ「即実践できる 対人関係の悩み解決法(仕事・交友のタスク編)」ワークショップ-東京

12/22 目黒区 上目黒
日時:12/22(木)14:00~15:00 場所:中目黒レンタルスペース(中目黒駅・徒歩2分) 「毎日が同じことの繰り返しに感じる。新たな刺激がほしい」 「今までない学びを得て、スキルアップや、いい人間関係づくりに役立てたい」 「職場以外の友達がほしい」 そんな気持ちに応えられるよう、この勉強会では、いろいろな職種の方が参加されて交流を深めていただくとともに、日常に生かせる心理学を紹介します。 今回は、 ブッダとアドラー心理学に学ぶ「即実践できる 対人関係の悩み解決法(仕事・交友のタスク編)」 についてです。 『嫌われる勇気』がベストセラーになり、多くの方に知られる様になったアドラー心理学です。 「これまでと違った価値観が得られた!」と感動する一方で、「日常で活かすのに、具体的にどうすればいいかわからない、難しい」という声も聞きます。 人間関係の悩みを根本から解決できる理念を知りながら、それを実際に活かせないのはもったいなく思います。 そこで、『嫌われる勇気』の著者・岸見一郎さんの最新作『人生を変える勇気』にもとづき、実際に寄せられた ・職場での人間関係の悩み ・交友での人間関係の悩み に対して、具体的にどう考えて行動すれば解決につながるかをお話しします。 アドラー心理学の基礎概念からお話ししますので、ほかの問題にも応用可能です。 そして、このアドラー心理学と親和性があるのが、ブッダ(お釈迦様)の教えです。 AI研究の権威から「ブッダは偉大な心理学者である」と称賛されるほど、お釈迦様は人間の心理を詳しく教えられました。 ブッダの心理学を学ぶことでも、対人関係の悩みを解消する多くの方法を知ることができます。 仏教は初めて学ぶという方にもわかりやすく、ブッダの教えもあわせてお話しします。 <勉強会の内容> ◯アドラー心理学で説かれる、乗り越えるべき3つのタスクとは? ◯同調や肯定はやってはならない理由と、カウンセリングの本当の目的 ◯悩み解消のために必要な2つのものとは?  1.現実を直視させる勇気  2.「これからどうするか」という視点 ◯あらゆる問題に応用できる、「自信を持ち、本心が言えるようになる3ステップ」  1.課題の分離  2.結末の予測  3.一度目の実行 ◯支配的な人にどう対応しますか?  あるべき対人関係の形「横の関係」と、その築き方 <参加された方のご感想> アドラー心理学の本を読んではいたけど、具体的にイメージできていなかったので、今日の話を聞いて、具体的に理解することができました。 プレゼンの仕方がとても上手で、聞いていて全く飽きなかったです。 (20代・女性) 名前だけ知っていたアドラーについて、何を言っている人なのか知ることができました。 講師の語り口が穏やかで、聞いていてラクでした。 (30代・男性) <タイム・テーブル> 14:00 開始、自己紹介タイム(10分) アドラー、ブッダの心理学の紹介(50分) 15:00 終了、終了後 希望者でフリートーク <参加費> 決まった参加費はありません。お気持ちを頂いてます(目安は500円です)。 <プレゼンター> 南雄一郎 2011年 金沢大学 工学部 卒業 職種:ライター 大学時代に仏教を学び始め、10年。 仏教で説かれるブレない“人生の指針”を伝えたいと思い、心理学や自己啓発を切り口に、都内でワークショップを開催。 ワークショップ累計回数は500回以上。 <お申し込みにあたって> ・以下のフォームから参加お申し込みください。  https://forms.gle/yBWTjDZ79y8V91vN6  ※お申し込みいただきましたら、会場詳細がメールにて送信されます • ジモティー以外から参加される方もいます • ネットワークビジネスなどの勧誘目的での参加はご遠慮ください
12/15
イベント

【後楽園】ブッダとアドラー心理学に学ぶ「トラウマを否定する“自立した生き方”」ワークショップ-東京

12/21 文京区 春日
日時:12/21(水)19:30~21:00 場所:文京シビックセンター(後楽園駅/春日駅・直通) 「毎日が同じことの繰り返しに感じる。新たな刺激がほしい」 「今までない学びを得て、スキルアップや、いい人間関係づくりに役立てたい」 「職場以外の友達がほしい」 そんな気持ちに応えられるよう、この勉強会では、いろいろな職種の方が参加されて交流を深めていただくとともに、日常に生かせる心理学を紹介します。 今回のテーマは ブッダとアドラー心理学から学ぶ「トラウマを否定する“自立した生き方”」 です。 常識をくつがえすようなことが多く教えられているアドラー心理学の中でも、特に驚かされるのが「トラウマの否定」です。 トラウマとは、過去に受けた「心的外傷」のことですね。 ひどいトラウマは、それによって私達の行動も決定づけられる、と考えられています。 ところがアドラー心理学では、「トラウマが行動を決定づける」という考え方(原因論)を否定し、自らの意思によって行動は決まる、と教えているのです。 仮に原因論を認めてしまえば、過去に囚われ、不幸を必要とさえし、苦しみ・悩みが根本から解決されることはなくなってしまいます。 それとは反対に、過去の経験の意味づけを変えることで、今の悩みが解消され、自立した生き方ができるようになります。 ワークショップでは具体例を通して、 ・原因論が否定される理由と、原因論の問題点 ・過去に囚われずに、自立した生き方ができる方法 をご紹介します。 そして、このアドラー心理学と親和性があるのが、ブッダ(お釈迦様)の教えです。 AI研究の権威から「ブッダは偉大な心理学者である」と称賛されるほど、 お釈迦様は人間の心理を詳しく教えられました。 ブッダの心理学を学ぶことでも、過去に引っ張られずに、前向きで、自立した生き方ができるようになります。 仏教は初めて学ぶという方にわかりやすくお話していきます。 <勉強会の内容> ◯「トラウマが行動を決定づける」という考えは間違い?  アドラーの見解とは? ◯「遺伝もトラウマもあなたを支配してはいない」と断言される理由 ◯原因論の2つの問題点  ①過去に囚われる  ②不幸を必要とするようになる ◯勇気を得て、自立する2つの方法  1.課題の分離  2.自己受容 ◯ブッダの教える、自己受容へのアプローチ法   <参加された方のご感想> アドラー心理学の本を読んではいたけど、具体的にイメージできていなかったので、今日の話を聞いて、具体的に理解することができました。 プレゼンの仕方がとても上手で、聞いていて全く飽きなかったです。 (20代・女性) 名前だけ知っていたアドラーについて、何を言っている人なのか知ることができました。 講師の語り口が穏やかで、聞いていてラクでした。 (30代・男性) <タイム・テーブル> 19:30 開始、自己紹介タイム(10分) アドラー心理学の紹介(40分) フリートーク(10分) アドラー、ブッダの心理学の紹介(30分) 21:00 終了、終了後も希望者でフリートーク <参加費> 1000円をお預かりしています。 <プレゼンター> 南雄一郎 2011年 金沢大学 工学部 卒業 職種:ライター 大学時代に仏教を学び始め、10年。 仏教で説かれるブレない“人生の指針”を伝えたいと思い、心理学や自己啓発を切り口に、都内でワークショップを開催。 ワークショップ累計回数は500回以上。 <お申し込みにあたって> • 会場詳細は、お申し込みをされた方にメールでお知らせします ・以下のフォームから参加お申し込みください。  https://forms.gle/qHAgTtBt5Qzs9m1TA • ネットワークビジネスなどの勧誘目的での参加はご遠慮ください
12/14

全109件中 1-10件表示