東京都 府中市のひな人形の中古あげます・譲ります 全4件

東京都府中市で出品されている中古のひな人形(おもちゃ)が掲載されています。ジモティーの東京都府中市のひな人形(おもちゃ)のページは、東京都府中市付近で取引希望の中古のひな人形(おもちゃ)が集まっているページです。東京都府中市付近で中古のひな人形(おもちゃ)、格安のひな人形(おもちゃ)をお探しの方はぜひご覧ください。また、東京都府中市付近でひな人形(おもちゃ)の処分にお困りの場合も、無料で手軽に出品できます。男児の端午の節句に対して女児の健やかな成長を祈る桃の節句。この華やかな儀式にひな人形は欠かせません。古くは15人いる7段飾りでお祝いをしていましたが、最近では飾る場所、しまう場所の問題から殿、姫の2人タイプのひな人形が選ばれることも多いようです。ジモティーでお気に入りのひな人形を探してみてください。ひな人形、ぼんぼり、日本人形が掲載されているコーナーです。大切にしてきた人形を捨てないで済むように、ひな人形、ぼんぼり、日本人形を大切に扱い、3月のひな祭りに飾ってくれる方を探しています。1人1人の表情が豊かで愛らしく、とても愛着があります。ひな祭りでひな人形を飾ると、せわしい日常を離れて、夢のような気分になります。保存状態は出品ごとに異なりますので、掲載中の写真などでよくお確かめの上、お問い合わせください。

府中市のひな人形(おもちゃ)の投稿一覧
府中市のひな人形(おもちゃ)で欲しいモノが見つからなかった方
府中市のひな人形(おもちゃ)の新着通知メール登録

他の条件でおもちゃの売ります・あげますを探す

府中市のひな人形(おもちゃ)について
ひな祭りは、旧暦で桃の花が咲く季節にあたるため「桃の節句」とも呼ばれ、女の子の健やかな成長を祈る節句の行事です。ひな人形は、宮中の殿上人の装束をした人形で、起源説は複数あり、平安時代の京都で行われていたという記録があります。「男雛」と「女雛」を中心とするひな人形を最上段に飾り、5段、7段と飾る人形の数は各家庭で異なり、雛あられや菱餅も供えます。ひな祭りの後も、雛人形を片付けずにそのまま飾っていると、嫁に出るのが遅れる話は昭和初期の説で信ぴょう性がないようです。江戸時代には9月9日の重陽の節句に雛人形をもう一度飾る「秋の雛」という習慣もあり、現代でも復興する動きがあるみたいです。
新着投稿の通知をメールで受け取る

登録した条件で投稿があった場合、メールでお知らせします。

キーワード
+ さらに詳しい条件を登録
価格
~
カテゴリ
エリア
ー 閉じる
メールアドレス

利用規約 をご確認の上、登録をお願いします。