>   >  プログラマーのアルバイト・バイト情報の無料求人広告

プログラマーのアルバイト・バイト情報の無料求人広告 全130件

プログラマーの仕事内容
プログラマーの仕事内容はコンピューターシステムやアプリを正常に作動させるためにプログラムを開発・設計することです。ネットショッピングのwebサイトを例に挙げますと、アカウント登録や購入手続きフォームの作成、スマホ利用向けのiosもしくはandroidアプリの設計を行います。開発目的や利用端末によりプログラミング言語は多岐にわたります。そのため、プログラミングについての幅広い知見に加えて得意な言語の深い知識・経験が求められる仕事もあります。このアルバイトは主にオフィスでの業務となっています。一般的には実務経験有りが条件となっています。プログラマーの仕事では設計したシステムが実際に作動したときに達成感を感じることができるため、人気の職種となっています。

全国のプログラマー(IT)の投稿一覧

他の条件でITのアルバイトを探す

全国のプログラマー(IT)について

プログラマーの給料
プログラマーの求人情報における時給相場は1000~1180円となっています。時給換算ではなく日給換算の職場も多いです。個人の能力に合わせた昇給が用意されている職場もあるため、やりがいをもって働くことが可能です。高時給で稼ぎたい人には深夜帯・土日祝日・繁忙期などの勤務もおすすめです。また交通費や超勤手当、などが支給される場合や福利厚生が整備されていることもあります。他のIT系のバイトの時給と比較すると、SE(システムエンジニア)が時給1100円前後、データ入力が時給900円前後となっています。また、パソコンインストラクターは時給1000円前後です。プログラマーの業界では実務経験による実力が給料に大きく反映されますので、積極的にアピールしましょう。

プログラマーの志望動機と面接突破法
プログラマーを目指す方の志望動機には、「コンピューターが好きだから」「プログラミングがしたい」「以前、利用したとき興味を持ったから」、「より高いレベルのプログラミング能力を習得したい」などの例があります。通勤時間が短い、パソコン関連の業務経験がある、ITの専門学校に通っていたことや大学で専攻しているといった点も大きな強みとなります。未経験者にとっても、IT業界に興味があり主体的に学ぶ姿勢があれば、基本的になじみやすい職場となっています。面接においてはプログラマーを志望する動機だけではなく、その職場でアルバイトをしたい理由も述べると、働く意欲が採用側に伝わります。さらに専門知識のみでなく、コミュニケーションを潤滑に行える点をアピールすると好印象です。

プログラマーに必要なスキル・資格
プログラマーには、IPA基本情報処理技術者試験などの資格取得者は採用の際に有利です。しかし多くの場合、充実した研修制度が用意されていますので、未経験者の方でも問題なく働き始められます。初めてアルバイトとして働く際に、プログラマーの求人に応募する方も多くなっています。主要業務のプログラム構築を通じて、専門的なプログラミング技術はもちろん、契約から納入までのスケジュール管理に関する知識が身に付きます。さらに、新しい言語に挑戦する機会も多く、独学では難しい新領域に力を入れることもできます。この仕事を続けることで、1つのプロジェクトを他者と一緒に完遂するチームワークを磨くことも可能です。さらに変化の速いIT業界における最先端情報を常に得られます。

▲ 全国 アルバイト IT > プログラマー一覧トップへ
 >   >  プログラマーのアルバイト・バイト情報の無料求人広告