ジモティートップ  >  オツカレ!(手もみ)さんのプロフィール
オツカレ!(手もみ)さんのプロフィール画像
店舗名 オツカレ!(手もみ) 営業時間 06:00〜19:30 備考

ご予約年中 6時00分〜受付中!

住所 岐阜県各務原市松本町二丁目79 定休日 -
店舗TOP 投稿 評価

店舗紹介

あなたの疲れがある限り 疲れたあなたがいる限り

リーズナブルな料金で経験豊富な専任担当者が完全個室で丁寧に施術いたします。指名料不要。当日予約及び24時間365日ご予約可能です。


詳細は、検索「各務原市 オツカレ!」で、【公式】ページからご確認ください。

投稿

地元のお店

「わたしはあかねこ」 お節介焼き・過干渉・子離れできない親・優越感職務にどっぷりな人 「わたしはダメ猫?」

中津川市
「わたしはあかねこ」 お節介焼き・過干渉・子離れできない親・優越感職務にどっぷりな人 「わたしはダメ猫?」  「わたしはあかねこ」と言う絵本をご存知でしょうか? “ふつう”の両親から生まれた“ふつう”の兄弟姉妹の末っ子に赤毛で生まれた“あかねこちゃん” の物語りです。 「うんこ!」での名コンビ、作:サトシン 絵:西村 敏雄の作品です。 わたしはあかねこ Amazon(アマゾン) 827〜6,309円 https://amzn.to/3HXIFmN あかねこちゃん本人(本猫)はいたって赤毛がお気に入りなのですが、 両親と兄弟姉妹は、 「かわいそうに!」 「きっと将来困るから!」 「普通じゃない!違う!変だ!」 「あなたのためなのよ〜!」 「オーマイガ!なんて事!神様仏様!」 といった感じで “思いやり” “愛情” と言う名の矯正を試みます。 もしあのまま あかねこちゃんが、この狭く暗い自宅世界に身を置き続けていたら、いずれは家族から、 “恥ずべき者” として、外に出ないように監禁されていたかも知れません。 もしくは、一見 “ナルシシスト” であるかのように、自分を一日に何度も鏡に映したり、体重計に乗ったりして自分を確かめ、「少しは普通になってきたかしら?」と、生涯自分を好きになれない病魔に侵されていたかもしれません。 これが白人一家に偶発的に生まれた黒人で、「くろい」ことが異常とされれば、マイケルジャクソンのように肌の色まで変えようとしたかも知れませんし、 美男美女でスタイル抜群の両親から醜い子が生まれたにならば、幼少期から過酷な運動や美容整形に通わされていたかも知れません。 現実に、特に両親の美容整形前の顔で生まれた我が子の“証拠” を、韓国の美容整形で隠すとか、そう言った事情は無くとも、 自己否定感が強い両親の元では、幼少期から、精神や身体に故障を来たすほど、週末や夜遅い時間にまで塾や武道やダンスなどの習い事に通わせ、親が同伴で脱毛や美容整形に行く人たちも多いそうです。 自己肯定感が芽生える隙も与えず、強制・矯正に明け暮れるのですから、矯正後の自分のみがまっとうであるとして、“ありのまま” の自分を、自分で蔑むことになるでしょう。 ----- ----- ---- ---- ---- ----- “お節介焼き” が大好きな人は、世の中にたくさんいます。 すべてのお節介者がそう言うわけではありませんが、“思いやり深い” “親切” “面倒見がよい” と思ってうっかり心を許すと、親切の押し売りが激しく、急激に距離を詰めて、個人的な部分にまで介入して来ます。 特にあら探しが得意で、いかにも親切に、“あなたのためよ” と言ってアドバイスが増えますが、当の本人はそれが出来ていなかったりします。 人のためになら、料理や掃除は やる気満々だけれど、自分のこととなると手抜きばかりと言う人は、「好かれたい」「人に良い人(できる人)と思われたい」「否定されたくない」「揚げ足、後ろ指を刺されたくない」と言う気持ちが強く、その傾向があります。 疎外感、孤独感を感じやすく、自己肯定感が乏しいので、何とか他人の評価を得ようと、つい “人をかまう” と言う行動にでます。 同じ不完全な人間でありながら、人を、“指導する” “矯正する” “修正・改善させる” と言うような、変化向上を求めることが好きな人には、 無意識にそのような職や立場を選んでいることが多く、 親(笑)、牧師、占い師、霊媒師、スポーツの監督やトレーナー、インストラクター、教師、医師やカウンセラー、コンサルタント、アドバイザー、整体師、宮大工、家具再生、リノベーション、施術家、監査役などなど、未熟な者を熟練者が教える立場になる場合、相手が下手に出るほど、自分が優秀であるかのような錯覚を起こして、 暴力や暴言、体罰、矯正、見下した態度での指導といった多くのトラブルも発生しています。 (実際、世界中の教会で牧師が強姦事件を起こして問題になっています) 上辺の、“指導”とは名ばかりの、単なるイジメや発散、八つ当たり、自己顕示欲を満たすだけの行為がたくさんあります。 その指導的立場にある者が、対象の人々に対して大きな差別を持っていることは非常に多く、見下し人格否定を繰り返したり、馬鹿にした態度をとる傾向があります。 実際に私が見聞きする例では・・・ ・精神科医が患者を裏で、「おたんこなすのキチガイめ!」 ・パーソナルトレーナーが、「あんぽんたんの根性なしの豚め」 ・カウンセラーが、「あんたなんかどのみち、おたんちんでダメ!」 ・教師が、「おまえなんか生涯落第生でクズだ!」 と言った感じでキリがありません。 性悪説的に言えば、人間など所詮このようなものなのかも知れませんが、 丁寧に指導ができる人ほど、謙虚で対等、穏やかで幸福、安定的であると実感します。 ◇わたしの理解する謙虚とは、控え目の意味ではなく、「自分自身の実態・実力や、不調時の弱さを知っている」と言う意味(実際に自分が大したモノでは無いと自覚している) ◇幸福とは、誰かの幸福的価値観に踊らされず、比較で判断せず、感謝を忘れないこと。 【情報確認】https://ameblo.jp/momiccotaro/entry-12811671839.html 【シンプルウェブサイト】https://ameblo.jp/momiccotaro/entry-12840087679.html 【簡易版メニュー】https://ameblo.jp/momiccotaro/entry-12820347056.html 子育て 折檻 虐待 過干渉 矯正 強制 うんこ 親の心 子の心 猫育て LGBTQ 性差別
04/16
地元のお店

「ちょっと」だけで大きく幸福になる【3倍の法則】 

札幌市
原文 : https://ameblo.jp/momiccotaro/entry-12802283958.html 「ちょっと」だけで大きく幸福になる【3倍の法則】 「頑張るから継続が難しい」 「少しだけおこなう習慣」 「頑張るが口ぐせになってない?」 「頑張ると現実が辛くつまらないものになる」 頑張っているかどうかに、成果、結果は関係ありません。好きでもないことや、思い込みの価値観の呪縛から必要性に駆られて無理をする。自分の資質以上のことを必死におこなえばすべて頑張る行為です。 気楽にいきましょう。私は小卒で資格もなく、才能にも資産にも恵まれていません。のんびりやりたいことをやっているだけです。 ----------------------------- ◼️誰もが知っているのに、うっかり忘れている法則があります。 仲良しの2人は、もう10年間も毎週末になるとランチやスイーツを食べに出掛けています。 彼女は少食で、彼氏は食いしん坊でした。 毎回彼女が残すので、彼氏は、彼女が残した半分ほどを貰っていました。 彼氏は、「少しもらった(食が増えた)」程度だと考えていました。 彼女は、「少しだけ残した」程度だと考えていました。 しかし、2人は気づいていませんでしたが、相対的には、 彼女は0、5食で、彼は1、5食なので3倍も食べていたのでした。 数年後、彼はブクブクに太り、彼女はスッキリしたままでした。 一緒にGYMトレ行くと、彼女は「ちょっとだけ」フィットネスやトレーニングをしましたが、彼氏は休憩室で寝ていました。 夜になると、彼氏はちょっとだけアルコールを飲み、ちょっとだけ甘いものや揚げ物を食べて、深夜までスマホをいじってから寝ますが、 彼女は晩御飯の後は必要な水分以外に何も飲食せず、ちょっとだけストレッチをして、彼氏より、ちょっとだけ早く寝ました。 彼女はちょっとだけ貯金をし、ちょっとだけ読書をし、気楽にちょっとだけ何十年間もそれを続けました。 彼氏はそれを横目でみながら、バカにしたような口調で、「そんなちょっとだけでは、どれもこれも何も成果なんて出ないよ」と、何十年間も継続的に言いました。 彼女も、ちょっとだけしかしていないので、確かにそうだろうと思いました。 彼氏が、長年継続的に、アルコールやカフェインを片手に、深夜、唐揚げや甘味を食べ続けるので彼女が心配していると、 彼氏は、「ちょっとくらいいいんじゃね!?」と言いました。 まだその時には、「ちょっとだけ」する人と、「ちょっとだけ」しない人の差は、「ちょっとだけ」の差では済まないことは分からなかったのです。 数十年後、彼氏はうつ病で膝は変形し歩くのも辛くなり、病気のデパートと呼ばれるほどの多臓器不全をわずらい、悲惨な老後を迎え、健康や、生き抜く知識の準備も、預貯金も体力もないまま死んでいきました。 彼女は相変わらず、気楽にちょっとだけ好きなことを楽しみ、 「現実がつまらない」「現実がつらい」人が、逃避でおこなう「いっ時だけ楽しい」行為をしたいと言う衝動すら起こらないままでした。 いつも心穏やかで、身体も健やかで、気楽に長生きしました。 「あれ? おかしいな〜 ちょっとだけなのに何でこんなに人生がうまくいくんだろー」 その差歴然(^O^)/ 「一生幸せでいたいなら」【改】 ------------------------- 一瞬だけ幸せでいたいなら、酒を飲んで高カロリーなモノを食え。 一時間だけ幸せでいたいなら、スマホでもいじって時間を潰せ。 一日だけ幸せでいたいなら、床屋に行け。 一週間だけ幸せでいたいなら、車を買え。 一ヶ月だけ幸せでいたいなら、結婚をしろ。 一年だけ幸せでいたいなら、家を買え。 一生幸せでいたいなら、正直でいることだ。 ------------------------- ・きっと誰かに対する正直よりも、自分自身の気持ちに正直でいることのほうが大切なのではないでしょうか。 イヤなことはイヤ。 (運動は習慣化すれば楽しいが不健康や肥満でいることは、いつも「イヤ」なはず) 心底やりたいことにコツコツと挑戦する。 休みたい時には休む。無理はしない。 焦らない。その積み重ねが、一生涯「常に」ではなく、平均的に、もしくは最期の時に振り返り、トータルで「幸せだったなぁ」と感じることができるのではないでしょうか LINE公式アカウントURL https://page.line.me/rti7801o 【情報確認】https://ameblo.jp/momiccotaro/entry-12811671839.html 【シンプルウェブサイト】https://ameblo.jp/momiccotaro/entry-12840087679.html 【簡易版メニュー】https://ameblo.jp/momiccotaro/entry-12820347056.html #積み重ね #欲張り #焦らない #一足飛びの成果 #少しずつ #休息 #依存症 #ストレス発散 #肥満 #
04/16
地元のお店

『それって保育の常識ですか?』  私は、柴田 愛子せんせいの本をよく読みます。

名古屋市
『それって保育の常識ですか?』Amazon▶︎ https://amzn.to/49sv7fn  私は、柴田 愛子せんせいの本をよく読みます。  子育ての学習をしているわけではありません。だって、上の子はもう30手前、私は孫がいる世代です。  もちろん孫のためではないし、今さら自分の子育ての復習や反省をしているわけでもありません。  はじめて愛子せんせいを知ったのは、図書館にある様々な種の本を読み漁るうちに、『今日からしつけをやめてみた』と言う本に出会った時のことです。 今日からしつけをやめてみた https://amzn.to/3vJcgxl  今まで読んだ、どの教育者の本とも、考えや方法が違うように感じました。夜、寝床で独り読みながら、自然とニタニタと笑ったり、涙が出てきたりしました。  私は小学校の一年生までしかまともに授業を受けず、出会う教師には、ことごとく人間性を否定され、ウチに帰れば家族ぐるみの折檻を受け、必然誰より、自分自身が、一番の自己否定者となりました。  ややこしい本で学べば、何か心が救われることがあるのだろうか? 聖書を読めば答えがあるのだろうかと思い欲して、辞書を何冊も目の前に並べて、数ページ読むのに何週間も何ヶ月もかけて読みましたが、別にこれと言って何も変わりませんでした。  義務教育を通して学んだ人であれば、「努力」と言う意味が不明でも、すぐに「どりょく」と国語辞典で調べられると思うのですが、当時の私は、読み方がわからないので、まずは漢和辞典で「努」を探すことからはじめますが、書き順はおろか、画数も、数える度に数が違い、精神的耐性がない私はイライラしてすぐに諦めてしまうのです。 何とか「ど」「つとめる」「nu」などとたどり着いても、当たり前のように、「ドチカラ(努力)」と決めつけたり、そこに書いてある説明文すら読めなかったり、「nu」これは何だろうと、どんどん深掘りをしていって、指を8本くらい色々な辞書に入れてさぐっているうちに、 「あれ?何をしていたんだろう・・・」とわけがわからなくなってしまうことの繰り返しでした。  その後、50回以上の転職と、3度の結婚離婚を繰り返して、どうやら、取り敢えず猫をかぶって、うわべだけはまともに見えるようにつくろってはみましたが、 数日もすれば、誰にでも変人だとバレてしまうのでした。 愛子せんせいの本を読んで涙が出るのは、そこに、こんなにも多くの教育者や大人たちから否定され続けてきた私を、理解して、受け入れてくれている人がいると感じたからです。 (もちろん文中の子どもは、私ではないのですけれど) 時に絵本が大人のメンタル調整に役立つように、愛子せんせいの本は、息の詰まるような傷ついた心を持つ人にも、穏やかな心を育む力があるようです。 そして、もっともそれがイケナイことだと知りながら、我が子にそれを繰り返してしまう攻撃性を修正する要素を感じます。 本当はいまだ、子どものように幼稚で、傷だらけで、誰より慰めてもらいたいのに、良い格好をして、他人に尽くしている。 そんな呪縛から解放されて、少しずつ自分自身に優しくできるかも知れません。 自分に優しくすることで、ほかの人にも「無理なく」優しくできるのではないでしょうか。 【情報確認】https://ameblo.jp/momiccotaro/entry-12811671839.html 【シンプルウェブサイト】https://ameblo.jp/momiccotaro/entry-12840087679.html 【簡易版メニュー】https://ameblo.jp/momiccotaro/entry-12820347056.html LINE公式アカウントURL https://page.line.me/rti7801o 虐待 打擲 折檻 過干渉 自己嫌悪 自己肯定感 自己効力感 劣等感 見栄 体裁 世間体  ADHD LD LGBTQ アスペルガー 発達障害 身体の歪み 心の歪み 無理をしない 頑張らない 依存性
04/16

評価

megurin
退会済みユーザー
(問い合わせ者)
売ります・あげます > 削除済みの投稿です
良い

ありがとうございます!

2024/02/25 09:02
プーさん
(問い合わせ者)
良い

気持ちの良いサービスでした。
またの機会がございましたら宜しくお願いします。

2023/06/16 09:07
オツカレ!(手もみ)
(投稿者の返信コメント)

プーさん
この度は色々と、ご親切いただきありがとうございます!
こうして何かのご縁で、先の人生の方向がガラリと変わってしまうものなんでしょうね。
また、大きな変化があればお知らせくださいね。

安田小太郎
yasuda.kotarou@gmail.com
080-1564-7050
LINE公式アカウント https://line.me/R/ti/p/%40rti7801o

2023/06/16 09:36
ほりー
(問い合わせ者)
良い

2023/03/25 09:15
オツカレ!(手もみ)
(投稿者の返信コメント)

この度は楽しいお問い合わせをいただきありがとうございます。
健康管理の一助になりましたら幸いです。また面白いお問い合わせをお待ちしてま〜す(^O^)/

2023/03/25 09:23