★本町 認知症ケアで使われている薬との上手な付き合い方 9/18(日)★ (投稿ID : 67x)

更新2013年8月23日 20:32
作成2011年8月22日 16:58
閲覧数:427

認知症ケアで使われている薬との上手な付き合い方

■認知症ケア現場でよく聞かれるこれらの疑問、悩みに答えます!
 ・認知症の人が薬を飲んだ後、ぐったりしてしまった。活動性が落ちて別人のようになった。逆に興奮することが多く困る。
 ・薬を飲み始めてから転びやすくなった。食べられなくなった。
 ・医師に「ずっと飲ませないと認知症が進行する」と言われているが、効果を感じられない。
 ・何かおかしいと疑問に思っても相談できる医師が近くにいない。
 ・薬を使うケアに抵抗がある。
患者の苦しみ、介護者の疲労や悲しみを知る講師が、現実的な解決策を示します。認知症の人と介護者の両方を救う薬との付き合い方を伝授。

■メマリーなど新薬の特徴。期待される効果も解説!
1.認知症ケアと薬物治療の現状
  ~良い治療と悪い治療の見分け方~
2.アリセプトを飲ませた方がよいとき、いけないとき
3.新規承認薬の詳細、期待される効果
  メマリー、レミニール、イクセロンパッチ、リバスタッチパッチ
4.BPSD(興奮、暴言・暴力、妄想、うつ、不眠など)
  に対して使われている薬の副作用と中止、
  変更を医師に伝えるポイント

5.認知症の人も介護者もラクになれる薬との付き合い方

■指導講師:河野和彦氏
      名古屋フォレストクリニック 院長
      日本老年精神医学会認定専門医・指導医

詳細は以下のサイトでご確認ください。
http://www.nissoken.com/s/13179/index.html
会場: 田村駒ビル
最寄り駅: 地下鉄本町駅、堺筋本町駅
参加費用: 一般:10,000円 会員:7,000円

開催日 -
直接/仲介 仲介
地域 -
開催場所 大阪市中央区安土町3-3-9

お問い合わせの受付は
終了いたしました。

注意事項

ジモティーからの注意事項

トラブルの際は 警察等の捜査依頼に積極的に協力しております。
ご相談は こちら

詐欺やトラブルにご注意ください

投稿者 F10R
性別未設定
投稿: 152
梅田以北をうろうろしております。
評価

セミナーのイベントの関連記事

★本町 認知症ケアで使われている薬との上... 大阪 イベント情報 を見ている人は、こちらの記事も見ています。

★本町認知症ケアで使われている薬との上手な付き合い方9/18(日)★ (F10R) 大阪のイベント《セミナー》の詳細ページです。
中古あげます・譲りますのネットのフリマ、ジモティー。
ジモティーでは、様々なイベントを掲載しております。
またジモティーでは無料で掲示板に投稿ができるので、無料広告・無料掲載を行いたい方も、
ぜひジモティーをご利用ください。

ジモティー安心安全ガイド
話題のキーワード
新着投稿の通知をメールで受け取る

登録した条件で投稿があった場合、メールでお知らせします。

キーワード
+ さらに詳しい条件を登録
カテゴリ
エリア
ー 閉じる
メールアドレス

利用規約 をご確認の上、登録をお願いします。