関節や古傷が雨の日に痛む、“天気痛”❣️ (投稿ID : 9pdv2)

更新2019年11月24日 13:03
作成2019年11月24日 13:03
閲覧数:420
関節や古傷が雨の日に痛む、“天気痛”❣️の画像
関節や古傷が雨の日に痛む、“天気痛”❣️ - 那覇市
関節や古傷が雨の日に痛む、“天気痛”❣️ - ボディケア
関節や古傷が雨の日に痛む、“天気痛”❣️ − 沖縄県
関節や古傷が雨の日に痛む、“天気痛”❣️ - 地元のお店

天気の悪い日、特に朝からじっとり雨が降っていたりすると、何となく気持ちが落ち込むという方は多いと思います。それどころか、体調まで優れず、関節に痛みを感じる……ということも。このような、雨の日に関節や古傷が痛む症状を「天気痛」と呼び、その症状やメカニズムについていろいろな研究がなされています。

■♥️“天気痛”の原因
雨の日には交感神経(活動的になる方に働く)と副交感神経(休む方に働く)と呼ばれる二つの自律神経のうち、副交感神経の働きが優位になります。そのため日中でも眠たかったり、気だるかったりします。

いっぽう、気圧の影響で体内には「ヒスタミン」という神経伝達物質が増えます。「ヒスタミン」は体にさまざまな影響を及ぼしますが、大きな作用として交感神経を刺激する、というものがあります。交感神経は筋肉や関節では血管を収縮させて身体活動に備えるので、気圧の低い場所では血行が悪くなり痛みが出やすくなるのです。

また、ヒスタミンに交感神経が刺激されることで、痛みそのものを感じやすくなってしまうとも言われています。このように雨の日は、副交感神経が優位になりやすい上に、ヒスタミンの作用で交感神経まで刺激されてしまうのです。

つまり、自律神経が乱れる、ということ。それにより、体はだるいのに、筋肉や関節の血管がギュッとしまってしまい、関節などの痛みも発生しやすくなってしまうのです。逆に、気圧が下がることで脳の血管は拡張するため、頭の一部がズキズキする片頭痛などが起こりやすくなります。

■ “天気痛”の対処法
血流を良くしておくことも大切ですね

■ まとめ
いかがでしたか?天候によって体調が左右されるのは、気圧による自律神経の乱れからだったのです。そんな気候の変化に体が負けないためにも、血行を良くすること、大事です。

健康カッサ+カッピング5000円

ジャンル マッサージ
名称 -
地域
那覇市 - 真嘉比
沖縄都市モノレール線(ゆいレール) - おもろまち駅
住所 -
営業時間
直接/仲介 直接
投稿者にメールで問い合わせ

※問い合わせは会員登録とログイン必須です

3
お気に入り登録する
3
お気に入り登録済み
お気に入りに登録しました
ログインが必要です
注意事項

ジモティーからの注意事項

トラブルの際は 警察等の捜査依頼に積極的に協力しております。
ご相談は こちら

詐欺やトラブルにご注意ください

投稿者 茉莉
女性
投稿: 64
身分証
電話番号
認証とは
那覇市で中国経絡リラクゼーションやってます、宜しくどうぞ
評価
  • 良い オスカー

    ありがとうございました!

  • 良い cad1958

    気持ちの良いスムーズなお取引ありがとうございました。

マッサージ(ボディケア)の地元のお店の関連記事

関節や古傷が雨の日に痛む、“天気痛”❣️ 沖縄 広告の無料掲載 を見ている人は、こちらの記事も見ています。

茉莉さんのその他の投稿記事

ジモティー安心安全ガイド
新着投稿の通知をメールで受け取る

登録した条件で投稿があった場合、メールでお知らせします。

キーワード
+ さらに詳しい条件を登録
カテゴリ
エリア
ー 閉じる
メールアドレス

利用規約 をご確認の上、登録をお願いします。