住宅ローンが払えなくても諦めないでください。必ず解決できる方法があります。離婚や相続での不動産の問題なども解決方法のご提案ができます。ご相談から解決まで完全無料で対応いたします。東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・即日対応可能です。 (投稿ID : baz07)

更新2019年2月13日 12:30
作成2019年2月13日 12:30
閲覧数:418
住宅ローンが払えなくても諦めないでください。必ず解決できる方法があります。離婚や相続での不動産の問題なども解決方法のご提案ができます。ご相談から解決まで完全無料で対応いたします。東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・即日対応可能です。の画像
住宅ローンが払えなくても諦めないでください。必ず解決できる方法があります。離婚や相続での不動産の問題なども解決方法のご提案ができます。ご相談から解決まで完全無料で対応いたします。東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・即日対応可能です。 - 杉並区
住宅ローンが払えなくても諦めないでください。必ず解決できる方法があります。離婚や相続での不動産の問題なども解決方法のご提案ができます。ご相談から解決まで完全無料で対応いたします。東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・即日対応可能です。 - 悩み相談

✨住宅ローンのご返済にお困りの方ご相談ください。✨
【解決まで完全無料】😃😃😃
東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県
💚即日対応いたします💙

任意売却だけではなく、ご自宅に住み続ける方法のご提案もあります。❗
ローンの滞納があっても融資可能なファイナンスの活用や親子間売買(親族間売買)やリースバックの活用でご自宅に住み続けることもできます。
その他にも多岐にわたる解決方法がございますので、まずはお気軽にご相談してください。
金融機関に強い当社だからできる
【裏ワザ】があります。
年間相談件数1500件・問題解決率90%の住宅ローン問題のスペシャリストの当社にお任せください。ご相談から解決まで費用のご負担はありません。安心してご相談ください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
🧡信頼される任意売却サポート会社
  として選ばれる理由😃
☆当社は6つの手厚いサポートと
💚確かな解決力があります。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【理由①引越しサポート】🎗🎁
住宅ローンの支払いが困難な方にとって、引越し代を確保することは容易ではありません。
そこで当社では、「引越し代負担サポート」「引越し代建替サポート」「引越し先の賃貸住宅の手数料無料」という形でご依頼者様のお引越しに掛かる負担をサポートいたします。

【理由②任意売却後のサポート】😀😀😀
任意売却はご自宅を売却して終了ではありません。残った債務をどう処理するかが大事になってきます。債権者と残債の分割返済交渉、弁護士や司法書士による債務整理などと併せて生活保護や障害年金などによる今後の収入の確保をアドバイスしてご依頼者様の生活が再建できるよう何年でも支援し続けます。

【理由③地域密着による迅速なサポート】🤗🤗🤗
任意売却は時間との勝負です。1日の遅れが時として命取りとなり、ご依頼者様にとって最悪な結果の競売になってしまうことがあります。任意売却を成功させるためには迅速な対応が必要となり、販売価格の決定権を持つ債権者との交渉にも地場の相場感を持ってないと説得力を持って対応できません。また、私たちはご相談を受けたら即日対応、即日面談が可能です。

【理由④豊富な経験による解決力】❗
住宅ローン問題は様々なパターンがあり、解決方法も人ぞれぞれです。私たちは様々な住宅ローン問題を解決してまいりました。収入減少・病気・年金・リストラ・離婚・赤字収益物件・投資失敗・経営破綻・多重債務・相続どんな問題でもご相談ください。住宅ローン問題解決のパイオニアとしての自信があります。他社で断られた方も一度ご相談してください。🧡解決できる可能性があります。

【理由⑤ご自宅を守るための方法も提案】🎉🎉🎉
ご相談者様の状況に応じて任意売却だけでなく、親子間売買やリースバックによる住み続
けられるご提案もさせていただきます。また、債務整理による個人再生の中の一つで「住宅ローン督促制度」という住宅ローン以外の債務を圧縮する方法もございます。

【理由⑥任意売却や債務整理が得意な、弁護士や司法書士との提携】
債務整理には裁判所を通さずスピーディーな手続きが可能な任意整理、大幅に債務を圧縮することが可能な個人再生、一定以外の財産を失う代わりにすべての債務を消すことができる自己破産があります。どの債務整理による減債方法が一番有効かは人それぞれ。当社は任意売却や債務整理に慣れた信頼できる弁護士や司法書士と提携しております。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆なぜ費用がかからないのか❗❓
任意売却では売却代金の中から必要な費用が配分されます。そのため相談者の費用のご負担が無く、普通の不動産売却なら必要な登記費用や司法書士の手数料また仲介手数料など、ご自身で事前に用意するお金も一切必要ありません。任意売却ができた時に、さまざまな費用や、引越代などを差し引いて残った残金を債権者に返済します。
💙売却代金から控除できる費用は下記のとおりです。
・滞納した管理費や修繕積立金(マンション)
・滞納した固定資産税・住民税などの税金
・抵当権抹消費用
・司法書士の手数料
・引越し資金
・不動産仲介手数料
【上記以外にも控除できる費用はあります】😃
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆お引越し代について🚩🚩🚩
任意売却をすることによるメリットの一つとして引越し代の交渉を債権者とすることができます。競売になってしまうと引越し代ももらえず強制的に退去させられてしまうケースがほとんどですので、これは大きなメリットとなります。当社がご依頼を受けた際は債権者との交渉を最大限行なうと同時に、手厚いサポートを敷くことでご依頼者様の負担を軽減いたします。
【任意売却による引越し代の注意点】❓❓
⭕引越代は必ず出るとは限らない
引越し代を出してもらえるかどうかは、債権者の判断次第であり必ずもらえるとは限りません。特に、最近では引越し代を出してもらえないケースが増えてます。
⭕引越し代は売却時の後払い
債権者との交渉により引越し代を認めてくれたとしても、原則として引越し代は売却完了時に支払われます。しかし、実際は売却手続き前に引越しを完了させなければならないので、先に引越し代をご自身で捻出していただくこととなってしまいます。
住宅ローンの支払いが困難な方が、この引越し代を準備するのは至難の業です。😫😫
💙引越し代負担サポート💝💝💝💝
引越し代は債権者との交渉により売却が決まるまでは貰えるかはわかりません。多くの任意売却業者が「引越し代が必ず出ます」などの謳い文句で、最終的に債権者から引越し代が貰えなかった時などに「やっぱり出ませんでした」といことでトラブルになるケースも珍しくありません
そこで、当社では債権者と誠心誠意引越し代を交渉すると同時に、万が一引越し代を貰えなかった場合に、※一定額を当社で負担するサポートを行なっております。※当社規定による(最低10万円~)
当社を信頼して任意売却をされるご相談者様に、引越し代が全くでなかったということを確実に回避いたします。
💛引越し代建替えサポート💚
債権者からもらえる引越し代は売却完了時によるの後払いにより、引越し代を持ち出ししなければならないことを先程述べましたが、当社では売却前の持ち出しによる負担が厳しい場合に引越し代の建替えサポートを行なっております。
売却時に、債権者から引越し代が貰えた場合にはそこから当社にご返金いいただきますが、万が一引越し代が貰えなかった場合は、もちろんご請求はいたしませんので、持ち出しなしでのお引越しが可能になります。
💙賃貸住宅の手数料無料サポート💜
任意売却によるお引越し先の賃貸住宅を斡旋する際には、当社は手数料を無料でサポートいたします。また、当社提携の引越し業者をご紹介させていただきますのでお引越しまでの手続きをスムーズにできるようサポートいたします。
任意売却は、引き渡しが完了するまでに数ヶ月から長い時では1年近く掛かることがございます。その間に次の引越し先の確保をしたり、引越し後の生活費を確保しなければなりません。当社は、任意売却後にご相談者様がゆとりある生活を送っていただけるように、任意売却の期間中から全力でサポートいたします。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
💙任意売却後のサポート💛
●債務圧縮❓❗❗
当社は、任意売却を不動産業だとは考えておりません。ご依頼者様が任意売却後の生活をゆとりあるものにするために、売却後何年でも支援を続けてまいります。
他の任意売却業者は家を売って終わりということが多いのですが、任意売却は家を売って終わりではありません。不動産売却後に残った残債をどのように処理するかということが重要です。当社では、顧問の弁護士や司法書士と協力して分割返済の交渉や債務整理により任意売却後の負担を軽減できるようにサポートします。
●残債返済交渉❗❗
通常、任意売却後には売却金額を超える住宅ローン(残債)が残ってしまいます。これを「オーバーローン」と呼びますが、この残った残債を整理せずに放置してしまうと、債権者である債権回収会社から支払いの督促を受けてしまいます。
この残債は一括請求を求められることが多く、場合によっては遅延損害金も求められ、任意売却後も返済に追われ続けることになってしまいます。
この場合に、残された道は返済に追われ続けるか、自己破産するしかなくなってしまいます。
そこで必要となってくるのが、債権者との交渉で分割払いを認めてもらう「分割払いの和解の合意書」を結ぶことです。債権者と、この合意書を交わさないと一括請求されてしまうことになります。
債権者としても、少しでも残債を回収したいと考えてますので、交渉により債務者の収入や状況に合わせて無理のない範囲で、少しづつ返済できる返済条件を認めてくれることが通常です。
債務者の残債や収入状況により違いますが、日常生活にも余裕がないなどの状況であれば、月5,000円~30,000円程度の返済で収まることも珍しくありません。
他の任意売却業者に相談したばっかりに「売却後の残った残債は一括で支払ってください」と言われ、当社にご相談にいらっしゃった方も多くおられますが、そのような方達も分割の支払いで債権者と合意できております。
当社にご依頼いただければ、この任意売却後の債権者との交渉もしっかりサポートいたします。❗❗
ご依頼者様の生活再建のために返済の負担を軽減できるようしっかりと交渉にあたります。
●生活再建の支援😃😃😃
住宅ローンにお困りの方の支出を抑えることはもちろんですが、収入を確保することも大事です。当社は任意売却や債務整理による債務圧縮のサポートだけでなく、その後のご依頼者様の収入確保のために生活保護や障害年金など公的補助のアドバイスをして生活再建のサポートをさせていただきます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆豊富な経験による解決力🥇🥇🥇
住宅ローン問題にお困りの方のお悩みは人それぞれですので、問題の解決方法もご相談者様のご希望や状況によって変わってきます。私たちは、年間1500件を超える相談件数✨と問題解決率90%以上✨✨✨の実例を持ちご相談者様のご依頼を解決してまいりました。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
●いろいろななケースに対応
住宅ローンを滞納してしまうまでには様々な原因があります。最近ではリストラや病気による収入減少や高齢者となり年金生活で住宅ローンまで支払いきれず老後破綻になってしまうケースも増えてきております。また離婚により残ってしまう住宅ローンと共有名義の問題、空室や家賃の滞納により赤字となってしまっている収益不動産の問題など幅広く対応しております。苦しい中、金利の高い消費者金融やクレジットカードやカードローンなどで別の借り入れをして住宅ローンの返済に充てても返す当てがなければ傷口が広がってしまうだけになってしまいます。病気と一緒ですが、なるべく早い相談をしていただくことで選択肢の幅も広がってきます。
●任意売却を失敗しないために
任意売却の成功には知識と経験、債権者との交渉力、スピード、判断力、情熱が必要不可欠です。任意売却は必ず成功するわけではありません。何故なら、売却までの手続きが複雑で、尚且つ販売価格の決定権が債権者にあるため、一般の市場価格よりも高過ぎる又、かけ離れた販売価格での依頼を頼まれることがあるからです。任意売却に慣れてない、相場感や交渉力のない業者に依頼してしまうと売却できずに最悪の事態の競売となってしまう可能性が高くなります。
●当社の強み
任意売却による手続きや条件は債権者によって大きく変わりますが、我々は数多くのご相談者様からご依頼を受け様々なケースに対応してまいりました。また不動産の相場を熟知しており、債権者と適正な価格で販売できるよう粘り強く交渉いたします。早期に売却して新たな再スタートを切っていただくにはご依頼者様の協力も、もちろん必要となってまいります。当社には多くの成功事例がございますのでご依頼者様と債権者の双方より信頼をいただいております。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆※※債務整理の3つの方法❓❓❓※※
任意売却後の残債額が大きい場合や、残債の返済が難しい場合などは「債務整理」による返済の負担の軽減があります。
任意売却は不動産の売却を成立させることももちろんですが、その後どのように残債を整理して、生活を再建していくかということのほうがより大事になってきます。
債務整理には弁護士や司法書士などの専門家が行いますが、当社では債務整理や任意売却の経験豊富な信頼できる弁護士や司法書士の先生方と提携しておりますのでご安心してご依頼ください。また、当社がご紹介した先生との初回面談は無料で行っていただけます。
●任意整理❓
裁判所などの公的機関を通さない手続きで一般的に弁護士や司法書士が代理人となり、債権者と交渉して債務額全体を減らしたり、利息をカットして月々の返済を減らすことができます。
通常1~3万円の分割返済が認められます。(債務状況や債権者によって異なる)
≪メリット≫😊😊😊
・減額や支払いの期間を債権者と交渉で決める事ができる。
・約束通りに支払いを行えば保証人に迷惑が掛からない。
≪デメリット≫😥😥😥
・個人信用情報にキズがつく(債務整理の情報が載る)
・基本的に長期で減額幅は個人再生に比べて少ない
・支払約定書を公正証書にした場合、仮に支払いを遅延すると裁判所を通さずに給与を差し押さえられる可能性がある
≪任意整理が有効な方≫
・住宅ローンがあり、そのほかに消費者金融やクレジットカードなどを利用中で住宅ローン以外の支払いが厳しく返済方法の見直しをすれば月々の返済が可能な人
・月々の返済は問題なく支払っているが過払い金が発生しており、払い過ぎた利息の返金が期待でき利息のカットを希望される人
・保証人に迷惑を掛けたくない人
●個人再生❓
裁判所を通した手続きによって法律的に債務を大幅に減額したり、長期の分割払いにすることにより、個人の経済的な再生を図ることができます。通常、申し立てから支払い開始までは4~6ヶ月掛かります。
原則3年間、最長でも5年間で以下の項目の一番高い金額を支払えば、残りの債務について、法律上の責任も免除されます。
①債務(住宅ローン以外)を5分の1にした金額
※但し5分の1にした額が300万円を超える場合は300万円が上限。債務総額が3000万円を超える場合は10分の1にした金額
②100万円
③不動産、車、預貯金など保有財産を仮に現金に換算した場合の総額
≪メリット≫😄😄😄
・毎月2万8千円~3万5千円程度の支払いを3年間行えば、債務が免除される
・任意整理に比べて債務が大幅に圧縮できる
・債務の消費先(ギャンブルや浪費)に限らず、手続きが可能
・住宅ローンの残っている自宅やローンのない自動車を残せる可能性がある
・申し立てにより債務の督促や取り立てが止まる
≪デメリット≫😥😥😥
・個人信用情報にキズがつく(民事再生情報が載る)
・国が発行する官報に掲載される
・保証人に迷惑が掛かる
・自動車のローンが残っている状態だと自動車は取りあげられる可能性がある
・提出書類が非常に多い
・手続きまで時間が掛かる
・一定以上の収入や返済計画など適用条件が厳しい
≪個人再生が有効な方≫
・個人再生の適用条件に該当しており、住宅ローン以外にも多重の債務がある場合で、マイホームを手放したくない人
・多額の債務があるが収入が安定しており、借金が減額されれば支払い能力がある人
・自己破産をしても免責されない可能性がある人(債務の理由が浪費やギャンブルなど)
・自己破産の際に対象となる資格(就業)制限を避けたい人
●自己破産❓
裁判所を通した手続きで破産免責によりすべての債務の責任が法律的に免除される。自己破産の処理の方法には2通りあり「同時廃止事件」と「管財事件」があります。「同時廃止事件」は文字通り破産手続開始決定と同時に破産手続きが終了します。不動産を持たれたまま自己破産をされると「管財事件」として処理されてしまい時間と費用が多く掛かってしまいます。
≪メリット≫😄😄😄
・破産免責によりすべての債務の責任が法律的に免除され債務を返済する必要がなくなる。
(すべての借金がなくなる)
・申し立てにより債務の督促や取り立てが止まる
・一定の生活に必要な財産と現金は残すことができる
≪デメリット≫😥😥😥
・個人信用情報にキズがつく(破産情報が載る)
・国が発行する官報に掲載される
・保証人に迷惑が掛かる
・提出書類が非常に多い
・管財事件の場合、手続き終了まで住所変更に制限が掛かる
・一定の財産以外はすべて処分されてしまう
・申し立てから免責決定までの間、資格(就業)制限がある
(公務員・会社役員・警備員・保険募集人・宅地建物業・弁護士などの士業等)
※免責が認められれば制限はなくなります。
≪自己破産が有効な方≫
・現在債務の支払いが不能であり、所有している一定以上の財産を処分されてもいい人
・一度債務をゼロにして、人生を再スタートしたい人
原則として債務整理を行う場合は弁護士や司法書士の先生と協力して解決して進めていくことになります。住宅ローン問題でのお悩みは様々です。債務が膨らみ過ぎてどこから手を付けていいかわからない場合でも、先ずは当社を窓口としてご相談してください。当社は任意売却専門会社ではありますが、ご相談者様の現在置かれている状況や債務総額をお聞きして任意売却以外の解決方法があればご提案いたします。私たちが考えてる一番大事なことはご依頼者様の人生の再建です。
※※☆自己破産とは❓❗【もっと具体的に】※※
自己破産とは自ら裁判所に申し立てることにより、日常生活する上で最低限必要な財産以外を除いたすべての財産を換価して、全債権者に債権額に応じて公平に弁済をする代わりに、残りの債務をすべて免責することにより、もう一度立ち直るチャンスを与えてくれる国が認めた制度です。
・同時廃止事件と管財事件
自己破産には破産手続開始決定と同時に破産手続きを終了する「同時廃止」と裁判所で選任された破産管財人により財産の処分、分配がなされる「管財事件」があります。
「同時廃止事件」は申し立てから3~6ヶ月で手続きが終了し裁判所に収めなければならない金額も1~3万円で済みますが、「管財事件」として処理されると手続きが終了するまでに6~12ヶ月掛かり裁判所に納めなければならない金額も最低20万円からになってしまします。このように、時間や費用の面からみても「同時廃止事件」として処理される方が大きくメリットが有りますが、不動産、自動車、退職金、保険の解約返戻金、預貯金など20万円以上の財産と認められるものがある場合は「管財事件」として処理されてしまいます。
・自己破産を回避するには❓
競売では自宅が安く叩き売られてしまい、多額の残債が残ってしまうために自己破産をしなければならないという方がほとんどです。
住宅ローンの返済が厳しい場合、ご自宅が競売に掛けられる前に任意売却することにより残債が減り、自己破産をしないで済む場合があります。
また、ご自宅を任意売却された後の残債は、債権者との交渉により分割返済も可能です。
⭕所有する財産を整理してから自己破産する❗❗
前途したように、不動産を持たれたまま自己破産をされると負担の大きい「管財事件」として処理されてしまいます。債務の返済が難しく自己破産をするとしても、先ず任意売却により不動産を処分してから他の財産を整理していくことが、その後の新しい人生を少しでもゆとりのある形でスタートする上でのポイントになります。
債務が膨れ上がり何から手を付けていいのかわからない状態のご相談者様も多くおられます。
当社は任意売却と同時に自己破産をされるご依頼者様に対して、信頼できる弁護士や司法書士の先生と協力して、ご依頼者様の人生の再建をしっかりとサポートしていきます。
⭕自己破産をしたからといって人生が終わりではない
始めから債務を支払わず踏み倒そうなんて考えてる方はほとんどいません。皆さん何かしらの理由があってローンが支払えなくなっているのです。ご自宅を売却してそれでも債務が残り、これ以上債務を支払っていけない場合は自己破産をされるべきです。当事者でない保証人がいる場合を除いては、自己破産をした際のデメリットは個人信用機関に登録されることにより5~10年の間キャッシングやクレジットカードなどの契約が出来なくなることくらいです。
自己破産と聞いただけで人間性まで否定されてしまい、その後の満足な社会生活ができないのではないかと考えられる方もまだまだ多いようですが、自己破産は多重債務で苦しんでる人や、働きたくても働けず債務がどうしようもなく膨れ上がってしまってる人を救済し、再び立ち直るチャンスを与えるために国が作った制度なのです。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
※※☆個人再生とは❓
【もっと具体的に】※※
個人再生とは、自ら裁判所に申し立てることにより債務を大幅に圧縮して原則3年、最長でも5年の長期間による分割での返済を行ない、個人の経済的立て直しを図る制度です。
また、条件によっては自宅を手放さずに守ることができます。
≪効果≫
・債務(住宅ローン以外)を5分の1に圧縮できる
※但し5分の1にした額が300万円を超える場合は300万円が上限。
債務総額が3000万円を超える場合は10分の1にした金額。
≪条件≫
・住宅ローンを除いた債務総額が5,000万円以下
・将来的に継続または反復した収入があり再生計画に則った弁済ができること
・債権者全体の2分の1以上の同意を得ること
・自宅に住み続けることができる「住宅ローン特則」制度
適用条件は非常に厳しいのですが自宅を手放さずに住み続けることができる「住宅ローン特則」という制度があります。この制度は、住宅ローンについては今まで通り支払っていくか支払い期間を延長して(最長10年)、それ以外の債務を大幅に圧縮することが可能です。
例えば、クレジットやキャッシングなどのカードローンが500万円あり、それ以外に住宅ローンが1500万円ある場合、カードローンの債務を5分の1に圧縮して100万円を分割して支払い、住宅ローンは今まで通り支払っていくことになります。
≪効果≫
・自宅に住み続けることができる
・再生期間中の3~5年間は一部の元本、利息を猶予できる
・返済期間を最長10年間延長できる(70歳までに完済することが条件)
※但し債権者の同意があればそれ以上の延長も可能
・住宅ローンの保証人に迷惑が掛かることがない
≪条件≫
・住宅の建築、改良、購入に用した費用であること
・本人が居住の用に供する住宅であること
・自宅兼店舗の場合、建物の床面積の2分の1以上が自己の居住用であること
・分割払いの契約であること
・建物に住宅ローン以外の担保権が設定されてないこと
・保証会社による代位弁済から、6ヶ月以上経過していないこと
・税金の滞納による差し押さえのないこと
・個人再生の債務返済分と住宅ローンの両方を継続して支払うことのできる収入のあること
・債権者の同意を得ること
・原則として住宅ローン残高が物件の価値を上回る
非常に効果の大きい「住宅ローン特則」ですが、このように適用条件が厳しく認められないこともあります。手続きを待ってる間にも、経済事情により事態が悪化することも懸念されます。個人再生を検討される際は、任意売却も併せてご検討ください。
任意売却により迅速な売却ができ、資金難の改善にいち早く対応できる可能性が高くなります。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
※※☆任意整理とは❓
【もっと具体的に】※※
任意整理とは、裁判所などの公的機関を通さずに、一般的に弁護士や司法書士などの代理人を通して債務者と債権者の合意により、利息や毎月の支払いを減額してもらう手続きになります。
●任意売却✨による任意整理❗❗
任意売却も任意整理の一つになりますが、任意売却は不動産の免許がない弁護士や司法書士ではできません。不動産の免許を持つ不動産会社が行います。一般的な不動産会社でも任意売却は可能ですが、債権者との交渉や任意売却後の残債やアフターケアなどの問題は処理しきれないのが現状です。当社は任意売却専門の不動産会社ですのでこの部分が強みになります。通常、任意売却後に残った残債は債権者と交渉して分割払いにしてもらいます。
分割和解の交渉をしないままでいると、遅延損害金や一括請求されて望まない自己破産や借金に追われ続けてしまうことになりかねません。
残債額や状況によっても変わりますが、1000万円近い残債が残っていても、交渉によって月5,000円~3,0000円の範囲で返済を合意できるケースも珍しくありません。
但し、債権者によって合意による返済金額は大きく変わってきますので、先ずはお気軽にお問い合わせください。
・任意整理の詳細
任意整理は債務者と債権者の同意により、返済額の見直し、新たな返済計画により返済を進めていきます。
個人再生や自己破産と違い、任意整理では裁判所を介さないので手続き自体も非常にスピーディーで解決までの期間も短いのが特徴です。
また、国が発行する官報にも載ることはないので、周囲に知られる可能性も低いです。
裁判所を介して行う個人再生や自己破産ほどの強力な減額はできませんが、利息の軽減や返済期限の延長などにより負担の軽減が可能です。
任意整理はあくまでも債権者との交渉による解決ですので、その後の返済額は債権者がどれだけ歩み寄ってくれるかによって大きく変わります。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
※※☆地域密着営業✨✨✨※※
当社は杉並区に拠点を置き東京23区以外にも多摩地区、神奈川県、埼玉県、千葉県を対象に任意売却による支援活動を行なっております。
●なぜ?地域密着なのか❗❓
任意売却による販売活動は一刻を争います。1日でも遅れてしまうと競売という取り返しのつかない事態に陥ってしまう可能性があります。
私たちは、ご相談者様からお問い合わせをいただいたら即日対応、即日のご面談が可能です。
今日来てもらいたいというときに、今日行けなければ意味がないのです。
例えば、税金の滞納による差し押さえやすぐに追加の書類に署名と押印を頂かなければならない場合など、その時にどれだけ迅速に対応できるかで任意売却の成否が分かれてしまうことがあります。
地域に密着して営業するということは、急な不測の事態にもスピーディーに対応できるということでもあります。
●地域密着による不動産価格の相場把握⭕
任意売却の販売価格の決定権は債権者にあります。債権者はなるべく高い金額で販売して債権を少しでも回収したいと考えるので、相場よりも高い金額で売却を依頼してくることが多くあります。その時に、依頼を受けている任意売却業者が物件の相場を理解しておらずとうてい売却できないような高い金額で査定してしまったら取り返しのつかないことになってしまいます。何故なら、依頼された金額で売れないからといって価格を下げようとしても債権者の許可が必要となってくるからです。
任意売却による依頼を受けても売却できなければ結局望まない競売になってしまいます。
地域の相場を理解していないと債権者との有利な交渉はできません。地域に根差して営業している当社は適正な価格での販売を説得力を持って交渉できます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
😄【ご自宅を守るための方法をご提案】😄😄😄
住宅ローンの支払いが苦しくなった際の救済措置は何も任意売却でご自宅を売却するだけが方法ではございません。ご自宅に住み続けながらローンの返済や資金調達をする準備を与えてくれる方法がございます。
🥇方法① リースバック✨
ご自宅を投資家や企業に売却後、その買主から賃貸住宅としてご自宅を借りることで、売却後もご自宅に住み続けることが可能です。
また、買い戻す場合はご自宅の売買契約時に買い戻しや再売買の予約を特約で入れることにより可能になります。
リースバックは、ご自宅を売却したお金が一括で入ってきますので、資金繰りや資金難から脱出するまでの時間的猶予を与えてくれるメリットがあります。
🥈方法② 親子間売買✨
親子間売買はリースバックと同じ要領になりますが、ご自宅の買受人が投資家や企業などの第3者ではなくご親族になります。パターンとして多いのが息子さんや娘さんにご自宅を購入していただきご依頼者様が賃貸住宅としてご自宅を借りることで、住み続けることが可能になります。購入者がお身内の方になりますのでリースバックよりいろいろな面で融通が利くのでご希望される方も多いですがデメリットもございます。融資をしてくれる金融機関が少ないことや、購入された方(息子さんや娘さん)がご自分のマイホームを購入される際にローンが組みづらいといったことがあります。当社はリースバックや親子間売買を何度も成功させており、金利優遇の利く金融機関とも提携しております。
🥉方法③ 個人再生✨
弁護士による債務整理の一つで個人再生には「住宅ローン特則」制度があります。この制度は適用条件が非常に厳しいのですが適用されれば効果は非常に大きく、住宅ローン以外の債務を5分の1に圧縮して、通常通り住宅ローンを払いながら(またはリスケジュールして)ご自宅に住み続けることが可能です。当社は信頼できる弁護士や司法書士と提携しております。
☆任意売却や債務整理が得意な協力弁護士の無料相談
私たちは任意売却によるサポートで生活困窮者を支援する活動をしておりますが、住宅ローンの問題で悩んでおられる方たちの問題は様々で弁護士や司法書士による介入が必要な場合があります。先ずは、当社の相談員が現在の状況をお聞きして弁護士の介入が必要だと判断すれば、任意売却に理解のある先生へとおつなぎします。
当社にご協力いただいてる弁護士の先生は借金問題や離婚、相続に絡む権利関係の問題を専門的に取り扱っておりますのでご安心ください。また、当社からご紹介させていただいた弁護士の先生との相談は何度でも無料にて承ります。
・弁護士への依頼をするかしないかはもちろん自由です
解決までに要する時間、そのプロセス、費用の説明を受けてから分からないことがあれば何度でもご相談ください。弁護士との面談の後に依頼するかどうかはもちろんご相談者様の自由です。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
・任意売却は弁護士に相談するべきか❓❓
基本的に債務が多くて自己破産を含む債務整理を考えられてる方でも、先ずは私たちにご相談ください。何故なら任意売却に否定的な考えを持たれてる先生もおり、競売の取り下げを行なってくれないこともあります。任意売却をしていれば自己破産をしなくても済んだということも珍しくありません。任意売却の売却期間中に新しい人生のスタートの為の貯金を少なからず作ることも可能です。また任意売却では残債の分割交渉も可能ですので負担(債権者と残債状況にもよりますが5,000円~3,0000円の負担も珍しくありません)は少なくなります。何も手を打たず競売後に自己破産をしたとしても手元には何も残せません。
・債務整理による債務圧縮
債務が多すぎて今後も支払い続けるのが困難な場合は債務整理により債務圧縮をして借金を減額する方法があります。債務整理には3つの方法があり、一般的には弁護士や司法書士に依頼することにより手続きを行ないます。裁判所を通さずスピーディーな手続きが可能な「任意整理」、大幅に債務を圧縮することが可能な「個人再生」、一定以外の財産を失う代わりにすべての債務を消すことができる「自己破産」があります。債務整理にはそれぞれ適用条件があり、どの債務整理による減債方法が一番有効かは人それぞれになります。私たちにご協力いただいてる弁護士の先生は任意売却に理解があり債務整理を得意としております。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
😭😭😭一人で悩まずにまずは相談してください。
『相談したら気持ちが楽になった』とのお言葉もたくさんいただいております。😊😊😊
ご相談は実績と経験豊かな、住宅ローン問題のエキスパートの相談員と弁護士が協力して対応いたします。もちろん弁護士へのご相談も解決方法が見つかるまで何度でも無料で対応いたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。
ご納得の結果で問題解決!必ず満足していただけます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 任意売却支援.com
【運営】株式会社ライフビズパートナーズ
電話相談AM9:00~PM22:00 メール相談24時間対応
関東地方即日面談対応可能です。✨✨✨

ホームページ https://www.ninbai-sien.com/

ジャンル その他
名称 任意売却支援.com
地域
住所 東京都杉並区
営業時間 09:00〜23:00
直接/仲介 直接
連絡先 電話番号
投稿者にメールで問い合わせ

※問い合わせは会員登録とログイン必須です

8
お気に入り登録する
8
お気に入り登録済み
お気に入りに登録しました
ログインが必要です
注意事項

ジモティーからの注意事項

トラブルの際は 警察等の捜査依頼に積極的に協力しております。
ご相談は こちら

詐欺やトラブルにご注意ください

投稿者 任意売却支援.com
男性
投稿: 3
電話番号
認証とは
住宅ローンのご返済にお困りの方、ご相談ください。完全無料で即日対応いたしま...
評価

その他(悩み相談)の地元のお店の関連記事

住宅ローンが払えなくても諦めないでくださ... 東京 広告の無料掲載 を見ている人は、こちらの記事も見ています。

住宅ローンが払えなくても諦めないでください。必ず解決できる方法があります。離婚や相続での不動産の問題なども解決方法のご提案ができます。ご相談… (任意売却支援.com) 杉並の地元のお店《悩み相談》の詳細ページです。
中古あげます・譲りますのネットのフリマ、ジモティー。
ジモティーでは、様々な地元のお店を掲載しております。
またジモティーでは無料で掲示板に投稿ができるので、無料広告・無料掲載を行いたい方も、
ぜひジモティーをご利用ください。

ジモティー安心安全ガイド
話題のキーワード
新着投稿の通知をメールで受け取る

登録した条件で投稿があった場合、メールでお知らせします。

キーワード
+ さらに詳しい条件を登録
カテゴリ
エリア
ー 閉じる
メールアドレス

利用規約 をご確認の上、登録をお願いします。