《〜これまで誰も教えてくれなかった『絵画鑑賞講座』》春の講座ご案内 (投稿ID : 8l92f)

更新2018年6月8日 11:47
作成2018年3月15日 08:31
閲覧数:99
《〜これまで誰も教えてくれなかった『絵画鑑賞講座』》春の講座ご案内の画像
《〜これまで誰も教えてくれなかった『絵画鑑賞講座』》春の講座ご案内 - 千代田区
《〜これまで誰も教えてくれなかった『絵画鑑賞講座』》春の講座ご案内 - その他
《〜これまで誰も教えてくれなかった『絵画鑑賞講座』》春の講座ご案内 − 東京都
《〜これまで誰も教えてくれなかった『絵画鑑賞講座』》春の講座ご案内 - 教室・スクール

《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞講座』》

《絵画鑑賞白熱講座》
5年目となるこの講座は名称を《入門講座》から《白熱講座》にあらためます。
毎月第4日曜日 13:00〜15:30  参加費:4000円

第47回 3月25日(日)
テーマ:《ダ・ヴィンチ(その1)》
誰もが認める名画中の名画『モナ・リザ』はたくさんの謎に包まれた絵画です。その数々の謎と『モナ・リザ』のどこがどう名画なのかをみなさんと感じ、考えたいと思います。

第48回 4月22日(日)
テーマ:《ダ・ヴィンチ(その2)》
ダ・ヴィンチの『岩窟の聖母』は世界に二つ存在します(ルーヴル美術館とロンドン・ナショナルギャラリー)。『聖アンナと聖母子』は油彩画がルーヴル美術館に、カルトンと言われるすごいデッサンがロンドン・ナショナルギャラリーにあります。これらの作品の比較を中心にダ・ヴィンチの絵画世界を探りたいと思います。

《絵画鑑賞はじめて講座》(4月から新規開設の講座です)
はじめて講座:   毎月第2土曜日  13:00〜15:30  参加費:4000円
はじめて講座(bis): 毎月第2火曜日  10:30〜12:00  参加費:3500円

4月14日(土)  はじめて講座
4月10日(火) はじめて講座(bis):
              
テーマ:《印象派(その1)》 美し過ぎるサロン絵画vs印象派
サロン(salon)はフランス語で応接間のことですが、サロン絵画といっても応接間にかけるような絵画という意味ではありません。この場合のサロンはルーヴル宮殿のサロン・カレ(Salon Caré 方形の間)をさします。サロン絵画とはここで開催されたアカデミー派の展覧会で主流をなしていた絵画の意味です。印象派の理解のためにはまず、当時評判の高かった、というよりは絶対的権威だったサロン絵画とはどんな絵だったのかを良く知るところから始めたいと思います。

場所 : プロトマニア  https://protomania.com
    [東京メトロ九段下駅 3b 出口(北の丸スクエア)より徒歩2分]
     〒102-0073 東京都千代田区九段北1-12-5 市田ビル6F
    

予約・お問合せ : お名前と日中のご連絡先を添えてメールまたはお電話でお申込み 
         ください。
    e-mail: yoyoa@mac.com
    phone: 090-2469-4450(荒川陽子)

※メールでお申し込みいただきましたら確認の返信メールを送らせていただきます。

直接/仲介 直接
地域
千代田区 - 九段北
東京メトロ東西線 - 九段下駅
開催場所 プロトマニア  東京都千代田区九段北1-12-5 市田ビル6F

お問い合わせの受付は
終了いたしました。

注意事項

ジモティーからの注意事項

トラブルの際は 警察等の捜査依頼に積極的に協力しております。
ご相談は こちら

詐欺やトラブルにご注意ください

投稿者 ウーゴ
性別非公開
投稿: 8
電話番号
認証とは
美術館で開催される国際美術展を専門とする展覧会プロデューサーとして、長年ア...
評価

その他の教室・スクールの関連記事

《〜これまで誰も教えてくれなかった『絵画... 東京 教室・スクール情報 を見ている人は、こちらの記事も見ています。

ウーゴさんのその他の投稿記事

関連キーワード検索
関連の掲示板
ジモティー安心安全ガイド
新着投稿の通知をメールで受け取る

登録した条件で投稿があった場合、メールでお知らせします。

キーワード
+ さらに詳しい条件を登録
カテゴリ
エリア
ー 閉じる
メールアドレス

利用規約 をご確認の上、登録をお願いします。