ギター清水悠さん、アコーディオン青木まさひろさん 生演奏 2022年 新年幕開け Live Milonga(アルゼンチンタンゴのダンスパーティー) (投稿ID : s1e3q)

更新2022年1月17日 11:04
作成2021年12月2日 14:03
閲覧数:123
ギター清水悠さん、アコーディオン青木まさひろさん 生演奏 2022年 新年幕開け Live Milonga(アルゼンチンタンゴのダンスパーティー)の画像
ギター清水悠さん、アコーディオン青木まさひろさん 生演奏 2022年 新年幕開け Live Milonga(アルゼンチンタンゴのダンスパーティー) - 武蔵野市
ギター清水悠さん、アコーディオン青木まさひろさん 生演奏 2022年 新年幕開け Live Milonga(アルゼンチンタンゴのダンスパーティー) - パーティー
ギター清水悠さん、アコーディオン青木まさひろさん 生演奏 2022年 新年幕開け Live Milonga(アルゼンチンタンゴのダンスパーティー) − 東京都
ギター清水悠さん、アコーディオン青木まさひろさん 生演奏 2022年 新年幕開け Live Milonga(アルゼンチンタンゴのダンスパーティー) - イベント

■ ギター清水悠さん、アコーディオン青木まさひろさん 生演奏 2022年 新年幕開け Live Milonga(アルゼンチンタンゴのダンスパーティー)

日時:2022年1月16日(日)14:00 ドアオープン 16:30 ドアクローズ

料金:2,500円 with ライブ(完全予約制)

場所:TONIC DANCE STUDIO

コロナウイルス対策はもちろん、清潔で機能的なダンススタジオです。
〒180-0002 東京都武蔵野市吉祥寺東町1丁目 10-21西郊ビル地下1階

2022年新年 記念すべき第1回目のアーテイストは、ギター清水悠さん、アコーディオン青木まさひろさん です。

アルゼンチン音楽の真髄を求め続ける若きお二人。
2020年、清水さんはMirta Alvarezを招聘し、全国ツアーを行い大成功、
2021年、青木さんはFacundo Rodoriguez Trioとバイレを招聘し、フィエスタ アルゼンチーナを主催し大成功。

コロナ禍の2年間も妥協することなく疾走するお二人の姿勢、超絶テクニックの演奏で、私たちは気持ち良く聴き、踊る!
人生そのものを豊かにしてくれるひと時となるでしょう。

ご予約: amoeltango@gmail.com
or Facebookメッセンジャー

<出演者>
ギター:清水悠
アコーディオン:青木まさひろ
ライブ予定 1st 14:20~ 2nd 15:30~

※予約なしの御来場はお断りいたします。
※ドリンク等の提供はありませんので、必要な方は各自お持ち込み&ゴミお持ち帰りのご協力をお願いいたします。
※受付時の検温と手指消毒、マスク着用、タンダ毎の手指消毒にご協力頂きたくよろしくお願いいたします。

<ご出演者のご紹介>
清水悠

13歳よりギターを始め、近藤秀司氏、柴崎建司氏に師事。
リカルド・モヤーノ、ファン・ファルーのマスタークラスを修了。
カルロス・モスカルディーニ、エルネスト・メンデス、オスバルド・ブルクア、キケ・シネシの指導を得て、CD『TRASFONDO ONÍRICO』(2018年)をリリース。
このアルバムにはアルゼンチンの優れた作曲家でギタリスト、カルロス・モスカルディーニの作品を収録し、作曲者本人から高い評価を得た。

「その深い感性とアルゼンチン音楽の語法をわれわれに示し、 私の音楽に彼独自の繊細な表情を加えることによって、 作品そのものをより豊かなものに昇華させています。」(カルロス・モスカルディーニ)

近年はギタリストのリカルド・モヤーノ(アルゼンチン) ハビエル・コントレラス(チリ) ミルタ・アルバレス(アルゼンチン) ファクンド・ロドリゲス(アルゼンチン) アウグスト・アシャーラ(アルゼンチン) 歌手のイルマ・オスノ(ペルー) 他、トップクラスのミュージシャンとのコンサートやレコーディングに参加。
2019年にはアルゼンチン最大規模の音楽フェスティバル「フェスティバル・ナショナル・デ・フォルクローレ」に出演。その様子はアルゼンチン全土に放送された。

「音楽に国境はありません。悠はチャカレラをアルゼンチンの優れたミュージシャンと同じように解釈します。私は差別主義者ではありませんが、「優れた人」は存在するのかもしれません」(リカルド・モヤーノ)

アルゼンチンコスキン音楽祭日本代表審査会1位
文部科学省公認ギターグレード認定1級
リベルテ音楽教室主宰
これまでの活動はタワーレコードのミュージック・レビューサイト「MIkiki」やブエノスアイレスのプレス「LA NACION」などに掲載。



青木まさひろ

アコーディオン奏者。作曲家。サウンドクリエイター。ベース奏者。ジャズ、南米音楽及び世界各地の民族音楽をベースにした演奏、制作を主に得意とし、クラシック~Popsまで幅広い音楽ジャンルの作編曲に造詣をもつ。特に専門的なのはアルゼンチン音楽とフランス音楽。
経歴
1992年12月1日生まれ。所沢出身。幼少期の絵画での体験に刺激を受けアートの道に進む。高校吹奏楽部ではエレキギターとコントラバスを担当しウィーンでの演奏も経験する。
2016年
洗足学園音楽大学ジャズ科卒業。
ジャズ奏法研究をユキ・アリマサ氏、有田純弘氏に師事。
在学中よりプロ活動を開始。
TV収録(共演者:”ゆず)やテーマパーク、BGM演奏の定期案件、その他音源収録、編曲など。
2018年
“音楽の海運事業”をテーマに主催する”民族音楽ようそろ~ず”の1stCDアルバム「Tugboat」を自主レーベルよりリリース。
2019年
前年秋よりアルゼンチンのコリエンテス州に滞在。2ヶ月間のチャマメ音楽の研究の末、現地にて結成したトリオでFiesta National Del Chamame29°とFestival National de Doma y Folkloreに日本人代表として出演し、同州の文化庁長官より表彰を受ける。その様子はアルゼンチン全土に生中継にて放送され反響を受ける。
これを皮切りに、Yamandu Costaをはじめとする南米トップミュージシャンとの交流をもつ。帰国後Gt助川太郎とチャマメユニット”アニャンドゥア”を結成。
2020年
コロナ禍の影響によるLive活動自粛の下、”民族音楽ようそろ~ず”2nd Album”あけぼの廻船”をリリース。前作よりより深く幅広く取り組み、CD容量の限界一杯詰め込んだ作品は、Jazz TokyoやJazz Life誌に掲載されるなど評価を受ける。 また外出自粛下にてDTMの技術を生かしてサウンドクリエイター・ゲームBGM作家としての活動を開始。コナミデジタルエンターテインメント制作のゲームBGMの作曲や効果音制作を行いEDENS ZEROモバイル版のテレビCM音楽としても採用される。
2021年
バーチャルチャマメユニットアニャンドゥア「プロトタイプ・ちゃまめ」をリリース。 9月には日本を代表するバンドネオン奏者小松亮太プレミアライブツアーにて大貫妙子、佐藤芳明ら名だたるゲストメンバーとの共演を果たす。AFF助成金をもとに2021フィエスタアルゼンチーナを主催しFacundo Rodrigues Trio y Baileを招聘しチャマメ音楽をポップに紹介する。


<主催者のご紹介>
Toshi & Aiko  / Argentine Tango Dancer, Choreographer, Instructor

Toshiは、
大学在学時より、世界の民族舞踊を研究し、現地へ踊りに行くマルチダンサー。ペアダンスは2000年代前半、世界的な流行となった男女ペアのクラブダンス「サルサ」から入り、様々なイベントやクラブに出演する。その後DVDで見た映画『タンゴ・レッスン』で「アルゼンチンタンゴ」と出会い、のめり込んでいく。

Aikoは、
幼少期より日本舞踊を学び、現在は日本舞踊協会に所属し指導や舞台出演などの活動を続けている。
2003年よりサルサを始め、程なくしてサルサクラブで出会ったToshiに勧められタンゴを始める。

2008年(平成20年)ペア結成。
同年3月より吉祥寺カリブにて
アルゼンチンタンゴのダンスクラスをスタートさせる。
カルチャーセンター等での講師活動とともに、色々なタンゴバンドと舞台共演し、若い世代から人生経験豊かな世代まで幅広い支持を得る。

2013年秋公開のフランス映画『タンゴ・リブレ 君を想う』のプロモーションにプロアルゼンチンタンゴダンサーとして招かれ、有楽町駅前のイトシア広場にて、アルゼンチンタンゴのステージダンスとミニレッスンを行い、大変好評を得る。
その他、2014年冬公開のドイツ・フィンランド・アルゼンチン映画『白夜のタンゴ』、2016年夏公開のドイツ・アルゼンチン映画『ラスト・タンゴ』も配給会社とタイアップし、タンゴの魅力を多くの方へ紹介している。

また、 ミロンガと呼ばれるアルゼンチンタンゴのダンスパーティーを定期的に開催し、
「タンゴを踊る空間作り」に取り組む一方、
地域文化・芸術の活性化に貢献すべく毎年、地元吉祥寺の
春の音楽祭、秋のタンゴフェスティバル、冬のイルミネーション点灯式においても
ダンサー、コレオグラファー、 演出家として多くの作品を創り出している。

アルゼンチンタンゴダンスの指導・養成面では、基礎と出会いを大切にし、初歩の方や幅広い世代のアルゼンチンタンゴへの入り口作りに力を入れている。
その技術の高さ、エレガントな踏風には定評があり、
特にオリジェーロスタイル(※) を得意とするタンゴダンサーである。

(※)パーティーの狭いスペースでガンチョやボレオなど、フロアから足を離すステップを得意とするポルテーニョ(ブエノスアイレスっ子)独特のスタイル。

開催日 2022年01月16日(日)
直接/仲介 直接
地域
武蔵野市 - 吉祥寺東町
JR中央線(快速) - 吉祥寺駅
開催場所 TONIC DANCE STUDIO(武蔵野市吉祥寺東町1丁目 10-21西郊ビル地下1階)

お問い合わせの受付は
終了いたしました。

注意事項

ジモティーからの注意事項

トラブルの際は 警察等の捜査依頼に積極的に協力しております。
ご相談は こちら

詐欺やトラブルにご注意ください

投稿者 Amoeltango
性別非公開
投稿: 38
電話番号
認証とは
Toshi&Aiko / ArgentineTangoDancer,Cho...
評価

パーティーのイベントの関連記事

ギター清水悠さん、アコーディオン青木まさ... 東京 イベント情報 を見ている人は、こちらの記事も見ています。

Amoeltangoさんのその他の投稿記事

ジモティー安心安全ガイド
新着投稿の通知をメールで受け取る

登録した条件で投稿があった場合、メールでお知らせします。

キーワード
+ さらに詳しい条件を登録
カテゴリ
エリア
ネット決済
配送可能
ー 閉じる
メールアドレス

利用規約 をご確認の上、登録をお願いします。