1. ジモティー  >  
  2. 地元のお店  >  
  3. 不用品回収

【その他のものの不用品回収・処分】 自転車の処分

不用な自転車の処分方法に次の方法があげれらます。

自治体で回収

自治体で自転車を処分するメリットに、処分費用が安いことや、壊れている自転車でも回収してくれるところです。16インチ未満は300円、16インチ以上は700円になります。各自治体により手数料に違いがあるため廃棄する場所を管轄している自治体に問合せて見ましょう。また、回収される前に防犯登録は抹消しておいたほうが良いでしょう。

不用品回収業者に依頼

不用になった自転車を不用品回収業者に依頼することもできます。不用品回収業者によっては、壊れた自転車を引き取ってくれないこともあります。防犯登録については譲渡するのか、抹消するのか相談するとよいでしょう。まで乗れる自転車はリペアやメンテナンスを通して中古自転車として販売してくれるため社会で再利用してもらえます。

町の自転車屋さん

不用になった自転車で状態の良いものは買い取ってくれる場合があります。特に、スポーツ車、有名ブランド車などは高価買い取りしているようです。買い取ってくれなくても有料で処分してくれるところもあります。自転車屋さんによっては、無料で引き取ってもらえるようです。最寄りの自転車屋さんに聞いてみましょう。

ネットオークションサイトに出品

ネットオークションサイトでも不用になった自転車を処分することができます。特に状態の良い自転車や高級自転車は高値で落札される可能性 があります。また、配送しやすい折りたたみ式自転車も人気があるようです。ただ、一般的な自転車や乗れない自転車は売れない こともあります。出品者は事前に防犯登録や動作不良などの問題を説明しましょう。トラブルにつながります。

まれに、盗難車が出品されていることもあるようです。防犯登録や販売証明書、譲渡証明書など発行できるか確認しましょう。

リサイクル掲示板サイトで投稿

不用な自転車はリサイクル掲示板でも投稿・処分することができます。一般的な自転車だけでなく、子ども用や三輪車などでも取引される可能性が高いでしょう。取引が成立したら、引き渡す前に防犯登録を事前に抹消しましょう。

なお、自転車を売買したりゆずる場合、防犯登録を抹消や名義変更手続きをしましょう。防犯登録抹消や名義変更手続きをしないと、購入者が 警察に職務質問され、防犯登録上の名前と違うと面倒なことになる可能性があります。