1. ジモティー  >  
  2. 地元のお店  >  
  3. 不用品回収

【家電の不用品回収・処分】 エアコンの処分

エアコンの処分では、まず家庭用エアコンか業務用エアコンか確認しましょう。家庭用か業務用かで処分の仕方が変わってきます。 家庭用エアコンなら家電リサイクル法に則った処分をしなければなりません。 【家電リサイクル法でいう家庭用エアコンとは】

・家庭用として販売されているエアコン(室外機・室内機セパレート形、窓形エアコンなど)

・室外機が一つで、室内機が複数あるマルチタイプエアコン

・暖房部分がガスや石油などであても冷房機能があるエアコン

などは家庭用エアコンの対象になるようです。業務用エアコンを家庭で使っていても家庭用エアコンにはなりません。室外機と室外機が一体化していたり、窓エアコンなど家電リサイクル対象品かどうかわからない場合は、家電リサイクル券センター(RKC)などに問い合わせてみましょう。

家庭用エアコンの処分の仕方は次の5つがあげられます。

1.家電リサイクル推進協議会で処分

引越しによりエアコン購入先や以前購入した家電小売店が閉店したりして、廃棄場所が不明な場合は、廃棄の申し込みや持ち込み先に家電リサイクル推進協議会へお願いすることができます。収集時に現金で支払い、家電リサイクル券を受け取ります。

2.家電小売店で処分

買い替える場合は、新しく購入する家電小売店先で回収・処分を依頼することが出来ます。また廃棄する場合も過去に購入した販売店で引き取りを依頼することが出来ます。回収を依頼する場合は、リサイクル料金とは別に回収運搬料金と取り外し料金が必要になります。

3.メーカー指定引取場所で処分

自分でメーカー指定引取場所で持ち込み・処分することができます。事前にリサイクル料金を郵便局窓口で振り込みし、リサイクル券をもらいます。それを不用となった処分品に貼ります。その後、メーカー指定取引場所へ自分で持ち込み、処分することが出来ます。この方法は収集運搬費がかからないため処分費用を抑えることが出来るのが利点です。

4.家電リサイクル協力店で処分

引越しによりエアコン購入先や以前購入した家電小売店が閉店したりして、廃棄場所が不明な場合は、廃棄の申し込みや持ち込み先に家電リサイクル協力店で処分をお願いすることができます。対象の店舗に直接問合せてみましょう。

5.その他

リサイクルショップなどで購入したエアコンは、リサイクルショップが引き取り義務を負うことになります。レシートなど購入したことを証明できるものはとっておきましょう。また、型式や状態によって、買取りしてくれるリサイクルショップもあります。最寄りのリサイクルショップに聞いてみるのもよいでしょう。