1. ジモティー  >  
  2. 地元のお店  >  
  3. 不用品回収

【不用品回収の注意点】 インターネットオークションに依頼するときの注意点

不用品(商品)をネットオークションサイトで出品・処分する際の注意に 【登録から出品まで時間がかかる】 リサイクル掲示板サイトのように数分で投稿でき、すぐに取り引きができる一方、ネットオークションサイトでは登録・出品するのに一般的に数日から10日間くらいかかるようです。 登録・手品にかかる主な理由に「登録」と「本人確認」があげられます。

本人確認手続きでは、登録手続きに必要な書類(内容)が登録者の住所に郵送されるため時間がかかります。そんなに待てない、すぐに出品・処分したい人はリサイクルショップやリサイクル掲示板サイトを利用するとよいでしょう。

【落札されやすいよう工夫】 登録が完了したら出品の準備に移りますが、落札されやすいよう「商品写真」「商品説明」がキーポイントになってきます。

・商品写真ですが、ネットオークションサイトに商品写真を送信して載せる(アップロード)さい、その枚数と画像容量が決められています。落札者が商品に対してイメージしやすいよう、いろんな角度から撮影するとよいでしょう。また、その商品写真の画像容量がサイト運営者の規定している容量を超えている場合は、アップロードできないので画像処理ソフトなどを使用して容量を下げ、再度アップロードしてみましょう。

・商品説明にも少し工夫が必要になります。落札者がわかりやすいように簡潔に表現された文章を心がけるとよいでしょう。幅広く層に落札してもらいのなら専門用語はあまり多様せず、汎用的な言葉で文章を組み立てていくと誤解がないよう伝わりやすいと言えます。

状態はできるだけ誠実に細かく書いたほうが落札につながりやすく、取引後のトラブル回避にもつながります。うまく商品の説明ができない人は定型文(テンプレート)などを利用するのも良いでしょう。

【落札後の注意】 落札後、取り引きが完了しお互いが「評価」したら終了になります。ただ、落札者の中には個人情報だけを聞き出す悪質な名簿屋やなん癖をつけて安くたたこうとする落札者も存在するようです。

・対応策として

1.評価欄で落札者の評価を確認しましょう。悪い評価の落札者には注意して対応する必要があります。 2.代金の支払いは「代金先払い」と記載し、代金受領前に商品を発送するのは控えたほうが良いでしょう。 3.個人情報がもれないように「オークション宅急便」や「楽天あんしん決済サービス」などを利用し、個人情報を守りましょう。

「評価」についてですが、あくまでも目安の一つであり、あくまで参考程度にするとよいでしょう。ステマ(ステルスマーケティング)の行為により故意的に評価が高めている可能性もあるからです。

その他に、あまり誠実でない横暴な落札者と取引し嫌な思いをしたら「ブラックリスト」に追加することで、その落札者と今後取引ができなくすることができます。

【今後の出品に】 取引が成立すると出品者と落札者がお互いに相手を「評価」します。落札者は評価という信用度を目安にし、落札する傾向があるので、できるかぎり評価を高めていくことが今後の出品にプラスの影響を与えます。ネットオークションサイトのガイドラインに従って、個人情報を守りながら上手に活用すれば不用品を処分するだけでなく収入や環境保全にもつながります。