1. ジモティー  >  
  2. 地元のお店  >  
  3. 不用品回収

【不用品回収の注意点】 自治体に依頼するときの注意点

粗大ゴミなどの不用品を処分する場合、自治体に依頼する方法は昔からある方法の一つです。自治体のいう粗大ゴミとは、一般家庭から排出される日常生活に伴って生じた電気・ガス・石油器具、家具・寝具・趣味・スポーツ用品などが対象になります。

依頼する際、気をつけなければならない点は、各自治体により粗大ゴミとして収集できる品目や手数料などに違いが見られるので廃棄する前に廃棄する場所を管轄している粗大ゴミ受付サンターのサイトで確認するとよいでしょう。

【自治体に依頼するときの注意点に】

・粗大ゴミ品目に制限

どこの自治体もピアノ、消火器、バイク、バッテリー、タイヤ、耐火金庫など処理が困難のものは回収していないようです。購入した販売店や清掃事務所や清掃センターに問い合わせすると専門業者を紹介してくれるようです。

・家電リサイクル法により対象4品目(エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機)は回収不可

ただし、小型家電リサイクル法の対象品目においては、市町村が回収ボックスや回収コンテナなどを設置して回収しています。

・粗大ゴミは、1辺の長さがおおむね30cm以上のものが対象

長さが180cmを超えるもの回収困難なようです(切断するば回収してくれる自治体もあるようでです)。

・事業所などからでる粗大ゴミは回収不可

また、農業用の器具類も回収していないようです。あくまで家庭からでる粗大ゴミに限られます。

・メーカーパソコンも回収不可

ただし、自作PC、キーボード、マウス、スピーカーなどのパソコン周辺機器は回収してくれます。自作PCを処分するときは、ハードディスク(HDD) に保存されている個人データをしっかりと消去しましょう。通常の削除では、HDD上に残ってしまいます。データ消去専門ソフトを使用したり、物理的 に破壊し、個人情報漏えいを防ぎましょう。

なお、「PCリサイクルマーク」のあるパソコンは無料でメーカーが回収してくれます。マークのないパソコンは費用が発生します。

【粗大ゴミの出し方で注意する点に】 ・電話でお願いするときは、回収してくれる日時を確認しましょう。引越しなどで日時が合わないようなら別の処分方法を検討しましょう。なお、インターネットでも24時間受付しています。 ・粗大ゴミシール(粗大ゴミ処理券)の購入が必要です。コンビニなどで購入しましょう。注意しなければならない点に、必ず廃棄場所を管轄している市町村の粗大ゴミシールを購入しましょう。 ・回収日当日の8時までに不用品を指定された場所に搬出します。搬出が困難な65歳以上の一人暮らしの年配の方や身体に不自由のある方に対しては、管轄の清掃事務所や自治体に問い合わせてみましましょう。

自治体によって対応や手数料が若干異なるので廃棄する場所を管轄している自治体に確認しましょう。