1. ジモティー  >  
  2. 地元のお店  >  
  3. 不用品回収

【不用品回収の手順】 不用品回収業者に依頼するときの手順

不用品回収業者にお願いする場合にあたって、最初にどの不用品回収業者を選ぶか決めましょう。 【不用品回収業者を選ぶポイントは】

・許認可を取得しているかどうか

・行政処分を受けているか

・住所が実在した会社か、その会社は存在しているか

などは調べておいたほうがよいでしょう。これらの不用品回収業者への依頼は控えたほうがよいでしょう。また、許認可を取得している不用品回収業者でも活動拠点が市や県を超えるなら超える自治体の許認可も必要になります。 行政処分に至っては、各自治体のサイトで公表されています。どんな不用品回収業者がどんな行政処分を受けているか目を通しておくと良いでしょう。

次に、自分の住んでいる地区まで回収にきてくれるのか、費用はどうなのか、プライバシーマークを取得しているかなどサイトやチラシ、口コミなどから不用品回収業者を数社ほどピックアップしてみます。特に初めて不用品回収業者を利用する方には比較することでサービスや見積もりなどが客観的にわかります。1社だけだとその不用品回収業者の良し悪しがわからない場合があるからです。

【不用品回収業者への一般的な依頼手順は】

1.問い合わせ(電話やメール)

メールは履歴に残るのでトラブル回避のためにも有効活用したほうがよいでしょう。

2.不用品の量や大きさを説明

できるだけ具体的に説明すると見積もりがより正確になります。

3.見積もり(訪問見積もり)

電話ですぐに見積もりを提示してくれます。訪問見積もりも承っている業者もあるようですが、費用が発生するか確認しましょう。

4.日時の相談

都合の良い日時にきてくれるかどうか確認しましょう。深夜や早朝でも対応しているところもありますが、料金が割増されるかどうか確認しましょう。

5.依頼

費用や日時に大きな問題がなければ依頼します。

6.当日作業

実際の不用品の増減により、料金が変わります。料金がどれくらいに発生しているかきちんと確認したほうがよいでしょう。

7.支払

作業が終わり、問題がないようなら支払います。不用品回収業者によっては、クレジットカードの支払いを受け付けているところもあります。領収書はしっかりとうけとりましょう。

上記の手順はあくまで一例であるため、参考程度と捉えて頂ければと思います。費用に関しては、後から追加請求してくる不用品回収業者もいるので、電話だけでの口約束的な見積もりではなくメールで履歴が残るようにしたほうがトラブルが発生したさい、証拠の一つとして主張できます。また、〇〇円くらいや〇〇円前後など、あいまいな金額や明細ではなく、明朗会計な業者がより安心できると言えます。

費用に関して、前払いや着服金などを頑なに請求してくる不用品回収業者なども注意しましょう。

【機密性の高い文書の処分は】 個人情報が特定されるような不用品がある場合、個人情報が漏れないようキチンとした業者選びが大事です。「Pマーク」を取得しているとより安心できます。 特に機密文章や重要書類の処分をお願いする場合には、どのように処分し、復元がどうしてできないかなど聞いておくとより安心です。

不用品回収業者は廃棄物を自らの責任で適正に処理する必要があり、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」第三条にて定められています。また、適正処理を証明する書類として、 「産業廃棄物管理票」というマニフェストが必要になるため、キチンと発行できる会社を選びましょう。