1. ジモティー  >  
  2. 地元のお店  >  
  3. 不用品回収

【不用品を処分するには】 家電量販店に依頼

家電の不用品を処分する方法の一つに、家電小売店にお願いすることもできます。特に家電リサイクル法により、エアコン・テレビ・冷蔵庫・ 洗濯機の4品目に関しては家電小売店や家電量販店などにお願いするか、最寄りの「指定引取場所」などに持ち込むよう定められています。

家電リサイクル法が制定された背景に、これまで家電の廃棄は大半が「埋め立て」により処分されていましたが、今後は資源の有効活用や廃棄物の減量を図りたい、という狙いがあります。

基本的な流れは 「排出者」 → 「家電小売店」 → 「製造メーカー」 となります。

家電リサイクル法では、排出者に対してリサイクル料金を支払う義務が課せられています。リサイクル券を取り扱っている家電小売店にリサイクル料金を支払ったり、郵便局に置いてあるリサイクル券に必要事項を記入し、リサイクル料金を支払います。

【確認することは】

購入先の確認

不用品の家電を処分するにあたり、原則購入した家電小売店にお願いすることになります。ただし下記のケース ・家電小売店が移転したり倒産してない ・引っ越しして近くにない ・海外で購入した ・その他 これらのケースは自治体に相談しましょう。もしくは、指定取引場所に持ち込むことで不用品を処分することができます。

購入先でリサイクル券が購入できるかどうか

購入先がまだ存在するのであれば「リサイクル券」をどこで購入するかどうか確認しましょう。購入した家電小売店でリサイクル券を取り扱っているのならそこで購入し、不用品となった家電の回収をお願いするか自分で直接持ち込みします。 リサイクル券を前もって購入し、手元になけらばならない家電小売店もあります。大手家電量販店によっては、WEB上でリサイクル券を購入し、郵送してくれるところもあります。一方で、回収時にすべての料金を支払いリサクル券を渡す家電小売店もあります。

購入先の家電小売店でリサイクル券の取り扱いがないようなら、郵便局でリサイクル料金を支払う必要があります。郵便局にはリサイクル券が置いてあり、そこに必要事項を記入しリサイクル料金を一般財団法人 家電製品協会 家電リサイクル券センター(RKC)に振り込みます。そのリサイクル券は引き渡すときに必要になるものですので大事に保管しておきます。

【リサイクル料金は】 リサイクル料金はメーカーや種類、大きさにより異なってきます。よく分からなければ購入先の家電小売店や製造メーカーに問合せしましょう。RKCのサイトでも料金を確認することができます。家電小売店によっては、リサイクル券を扱っていないこともあるので、その場合は前もって郵便局でリサイクル料金をRKCに振り込む必要があります。リサイクル料金はRKCのサイトで参照することができるので確認しましょう。リサイクル料金以外に収集・運搬料も支払う必要があります。

・不用品となった家電の「回収依頼」か「持ち込み」か 不用品家電の回収には費用が発生します。ただし、その訪問回収費用は家電小売店によって違いがあります。階層や状況により(エレベータがない)などにより追加料金が発生し回収費用が高くなることもあります。一方、「持ち込み処分」は、訪問回収費用がかからないため若干安くなります。