1. ジモティー  >  
  2. 地元のお店  >  
  3. 不用品回収

【不用品回収・処分の豆知識】 不用品回収の注意点

不用品回収業者を選ぶさいの注意点として、まず許認可を取得している正規業者かどうかを確認しましょう。

1.一般廃棄物

一般廃棄物の収集運搬業は、市町村許可が必要です。自治体は許可業者数を制限しているため、許可を取りたくても取れない状態になっています。 また、許可を取得した市町村内に限定された収集運搬になるので、市町村を跨っての収集運搬は違法になります。市町村が跨る場合は、その市町村でも許可を取得しましょう。

2.産業廃棄物

産業廃棄物の収集運搬業は、都道府県知事と一部政令市長の許可が必要です。原則、許可要件を満たしていれば、許可を取得することができます。もし、東京で収集し、愛知県の処分場へ荷降ろしする場合は、両方から許認可を取得しなければなりません。

「爆発性、毒性、感染性」などの生活環境に被害が生じる廃棄物の収集運搬を行う場合は、より規制の厳しい「特別管理産業廃棄物」の許可を取らなければなりません。別途申請しましょう。ただし、在宅医療で使われた医療廃棄物は例外になり一般の家庭ごみで処分することができます。

特別管理産業廃棄物の許可を取得するには、「特別管理産業廃棄物管理責任者」を選任しなければなりません。自治体によっては、その責任者の届け出を必要としているところもあります。詳しくは事業所が所在している自治体に問い合わせてください。

産業収集運搬車は、産業収集運搬車であることがわかる表示や許可証の写しを備え付けが義務化されています。そこで正規不用品回収業者がどうか確認できます。その他の方法に、運搬収集車のナンバーが「緑ナンバー」か「白ナンバー」かで事業用なのかどうか一つの目安になります。ただし、白ナンバーでも法律上問題がないようです。

3.リサイクルショップ

比較的新しい不用品は、中古商品を扱うリサイクルショップに依頼することができます。古物営業法の許可を取得している正規業者に不用品の買取・回収をお願いしましょう。古物営業許可証は見えるところに掲示しなければならないのでリサイクルショップにお願いするときは入り口の周りなどで確認しましょう。

4.専ら物(もっぱらぶつ)

専ら物の不用品回収には、許可が必要ありません。専ら物対象品目「古紙」「くず鉄」「あきびん類」「古繊維」に関しては、再生利用の目的となる一般廃棄物のみの収集運搬を行う場合に限り許可は不要です。

許認可を受けていない不用品回収業者に依頼すると、不用品が適切に処分されているのか、リサイクルされているのか確認することができず、環境破壊や健康に害が及ぶこともあります。