オーボエとリュートで巡るヨーロッパの旅 (投稿ID : qf8g4)

お気に入り登録
お気に入り登録済み
お気に入りに登録しました
ログインが必要です
更新2021年8月29日 20:43
作成2021年8月29日 20:37
閲覧数:38
オーボエとリュートで巡るヨーロッパの旅の画像
オーボエとリュートで巡るヨーロッパの旅 - 横浜市

http://blog.livedoor.jp/klangredeconcert/archives/58320818.html
出演:
大山有里子(バロック・オーボエ)
中川祥治(テオルボ/バロック・リュート)

プログラム
J-M.オトテール:組曲 第3番 ハ長調       
D.M.ドレイエル:オーボエ・ソナタ 第5番 ト短調
作者不詳:シャコンヌ イ短調(リュートソロ)
T.ヴィンセント Jr.:オーボエ・ソナタ 第2番 イ短調
S.L.ヴァイス(ナカガワ):シャコンヌ ト短調 (リュートソロ)
G.Ph.テレマン:パルティータ 第2番 ト長調 TWV 41:G2「小室内楽」より 

*プログラムは変更することがございます。ご了承ください。

お問い合わせ・ご予約
■ クラングレーデ コンサート事務局 concert@zav.att.ne.jp 電話/FAX:045-982-3201
*コンサート名、お名前とお電話番号、予約人数をお書きの上、なるべく電子メールにてご予約くださいますようお願い申し上げます。


撥弦楽器リュートがヨーロッパに最初に現れたのは中世のことです。十字軍によって中東からもたらされたとか、スペインのイスラム教徒とキリスト教徒の分裂を横断して運ばれたなどの説があります。それに対してオーボエはずっと後の17世紀の終わり頃、フランスでそれまであったダブルリードの楽器を改良して作り出された楽器です。オーボエが現代までオーケストラに欠かせない楽器となっているのに対して、リュートはバロック音楽の終焉とともに急速に衰退していきました。
オーボエとリュート、この二つの楽器がともに華やかに活躍した時代、それがバロック音楽の時代です。二つの楽器が出会った比較的短い期間、二人だけで演奏されることがどれくらいあったのでしょう?実際にそういう機会があったのか、あったとしたらどんな場面だったのか、、、、残っている記録は何もありません。
爪弾くリュートと歌うオーボエのデュオ、この独特な響きを持った音楽をファンタジーにのせてお送りいたします。

開催日 2021年12月16日(木)
募集期限 2021年12月15日(水)
直接/仲介 直接
地域
横浜市 - 鶴見区 - 鶴見中央横浜市
JR京浜東北線 - 鶴見駅
開催場所 鶴見区民文化センターサルビアホール 3F音楽ホール
投稿者にメールで問い合わせ

※問い合わせは会員登録とログイン必須です

注意事項

ジモティーからの注意事項

トラブルの際は 警察等の捜査依頼に積極的に協力しております。
ご相談は こちら

詐欺やトラブルにご注意ください

投稿者 コンサート事務局
性別非公開
投稿: 6
電話番号
認証とは
クラングレーデコンサート事務局では、ヨーロッパのバロック〜古典時代の音楽を...
評価

コンサート/ショーのイベントの関連記事

オーボエとリュートで巡るヨーロッパの旅 神奈川 イベント情報 を見ている人は、こちらの記事も見ています。
ジモティー安心安全ガイド
新着投稿の通知をメールで受け取る

登録した条件で投稿があった場合、メールでお知らせします。

キーワード
+ さらに詳しい条件を登録
カテゴリ
エリア
ネット決済
配送可能
ー 閉じる
メールアドレス

利用規約 をご確認の上、登録をお願いします。