岐阜版

 >   >  岐阜県のスバルの中古車

岐阜県のスバルの中古車 全219件

スバルとは
スバル(SUBARU)は、富士重工業が運営している自動車製造のブランド名称です。富士重工業の源流は太平洋戦争以前まで遡る、航空機製造の中島飛行機です。航空機に由来する機能性と合理性の共存を現在でも続け、自動車製造に活かしています。スバルのコアなファン「スバリスト」たちは、この企業ポリシーに強く共感することで知られています。
スバルという呼称は自動車メーカーとしての企業名称ではありませんでしたが、ファンのみならず一般的にも広く浸透したブランド名称でした。このことから2016年5月に、企業名をブランド名に変更する計画が発表され、株主総会での結果を受けて2017年4月1日からは社名・法人名も「株式会社SUBARU」となります。

市区郡

ジャンル

投稿者


年式
~

走行距離
~

価格帯
~

投稿者

岐阜のスバルの投稿一覧

他の条件でスバルの中古車を探す

岐阜のスバルについて


スバルの特徴
スバルのブランドを表すコーポレートメッセージは「confidence in motion」。時代とともに変わり続ける環境と顧客ニーズに対し、つねに「信頼」を貫こうとするスタンスを表しています。自動車づくりを通じてスバルが顧客に提供する価値は「安心と愉しさ」です。90年代に本格参戦した世界ラリー選手権(WRC)では四輪駆動(4WD、スバルではAWDオールホイールドライブと表記します)技術と走行性能、耐久性の向上に力を割いてきました。2008年にレガシィに初搭載され「ぶつからない車」の要素技術として広く認知された「アイサイト」に代表されるように、近年はドライバーの運転操作の支援を積極的に行っています。

スバルの代表例
スバルの代表車種はやはり「レガシィ」が挙げられます。1989年に登場した初代は2リットル水平対向ターボエンジンを設定し、最高出力220PSは当時のクラストップレベルの高出力を誇りました。ちなみにこの「EJ20」型水平対向エンジンはその後20年にわたり改良を繰り返し、レガシィをはじめとするスバルの車種ラインアップに採用される名機となりました。商業的に大ヒットを記録したのは1993年に登場した2代目で、特にステーションワゴン型のボディ形状をもつ「レガシィツーリングワゴン」が好評を博し一躍有名になったのです。好評を維持して迎えた2009年、大型化をを実施。主に欧米を見据えた市場戦略の中で、州や国境を超えるようなツーリングを担うモデルに進化しました。

スバルを選ぶ時のポイント
一般的に自動車装備の「三種の神器」といえば「皮シート」「サンルーフ」「純正オーディオナビ」ですが、スバル車におけるそれは「水平対向エンジン」「四輪駆動」「アイサイト」と言えるでしょう。水平対向は別称「boxer(ボクサー)」とも呼ばれ、スバルとポルシェだけが量産する、振動が抑えられて滑らかに回転する特性をもったエンジン形式のことです。四輪駆動はその名の通り全部の車輪に推進力を伝える駆動方式で、雨天時や悪路で車両を安定させます。アイサイトは2つのカメラによる画像認識によって自動ブレーキや追従走行を行う安全装備。スバルの中古車販売店が実施したアンケートでは、「アイサイト」などの安全装備の装着希望率は7割を超えるそうです。

▲ 岐阜県 中古車 スバル一覧トップへ
 >   >  岐阜県のスバルの中古車