>   >  ベビーシッターのアルバイト・バイト情報の無料求人広告

ベビーシッターのアルバイト・バイト情報の無料求人広告 全50件

ベビーシッターの仕事内容
ベビーシッターの仕事内容は大きく分けて、お子様の保育と保護者のサポートがあります。保育業務では子供のお世話を行います。新生児を担当する場合もあるので、事故を起こさないように注意することが重要となります。具体的には、一緒に遊ぶだけではなく、食事や排泄の世話、幼児教育といった仕事があります。また保護者の育児カウンセリングも行います。職場によって様々ですが、発達障害や食育など、専門的なアドバイスをする場合があります。この職種は主に個人宅や施設での業務となっています。一般的には年齢・性別不問ですが、保育士などの有資格者が優遇される傾向となっています。ベビーシッターの仕事では子供の成長に貢献したときに達成感を感じることができるため、人気の職種となっています。

※【市区郡】と【路線・駅検索】の同時検索はご利用できません。最後に選択した条件が優先されます。
全国のベビーシッター(福祉)の投稿一覧

他の条件で福祉のアルバイトを探す

全国のベビーシッター(福祉)について

ベビーシッターの給料
ベビーシッターの求人情報における時給相場は850~1120円となっています。時給換算ではなく日給換算の職場も多いです。個人の能力に合わせた昇給が用意されている職場もあるため、やりがいをもって働くことが可能です。特に安全面での信頼関係が高評価につながります。また高時給で稼ぎたい人には深夜帯・土日祝日・繁忙期などの勤務もおすすめです。また交通費や超勤手当が支給される場合もあります。他の接客/サービス系のバイトの時給と比較すると、冠婚葬祭関連スタッフが時給722~1037円前後、ポスティング・チラシ配りが時給777~1054円前後となっています。また、パーキングスタッフは時給774~1023円前後です。

ベビーシッターの志望動機と面接突破法
志望動機を明確に面接官に伝えることが面接突破の鍵です。ベビーシッターを目指す際に特に有効なのは、「子どもが好きだから」、「保育士免許を活かしたい」、「幼児教育を学びたい」などが挙げられます。また通勤時間が短い、土日祝日勤務可能などが大きな強みとなります。さらに実務経験がある、または幼稚園教諭の有資格者だと、採用確率がアップします。未経験者にとっても、ベビーシッターに興味があり主体的に働く意欲が旺盛ならば、基本的になじみやすい職場となっています。採用担当者は、あなたがベビーシッターという職種を志望する理由だけではなく、「なぜうちで働きたいのか」という理由も注意深く聞いていますので、事前に準備しましょう。

ベビーシッターに必要なスキル・資格
ベビーシッターに必須資格はありませんが、保育経験がある方は採用の際に有利です。しかし多くの場合、マニュアルや充実した研修制度が用意されていますので、未経験者の方でも問題なく働き始められます。実際に初めてのアルバイトとしてベビーシッターに応募する方も多くなっています。主要業務である保育を通じて、食事などのケアはもちろん、子どもの病気やアレルギーなどの知識が身に付きます。また、保護者との対応に力を入れることで、コミュニケーション能力が養われます。また他人の子供を預かるこの仕事を続けることで、責任感や行動力を磨くことができます。さらに社会問題である保育所不足に嘆く家庭のお手伝いができることも有意義です。

▲ 全国 アルバイト 福祉 > ベビーシッター一覧トップへ
 >   >  ベビーシッターのアルバイト・バイト情報の無料求人広告