>   >  公認会計士の正社員の求人情報

公認会計士の正社員の求人情報 全1件

全国の公認会計士(専門職)の正社員の求人情報の掲示板。無料求人広告・無料掲載のジモティー全国版。都道府県別・職種別に正社員の求人情報の無料広告が簡単に無料掲載でき、簡単にお問合せいただけます。_ジモティーの専門職に関する求人・転職情報の中から「公認会計士」の募集を集めたページです。監査法人勤務や税理士事務所・税理士法人・会計事務所での業務、金融機関の会計士や企業の財務担当・監査役など公認会計士の資格を必要とする職種の求人が地域別に掲載されております。近年その数が飽和状態にあるといわれている公認会計士。自分の望ましいと思う勤務条件の求人と巡りあうためには、こまめに求人情報を確認してみましょう。

全国の公認会計士(専門職)の投稿一覧

他の条件で専門職の正社員を探す

全国の公認会計士(専門職)について

【公認会計士って】
公認会計士とは、「監査」と「会計」の専門家のことを指します。自営や企業などの経済活動の状況を会計を通してチェックしたり、指導などしたりします。とくに、株式を上場している企業や一定の規模以上の大企業などは、正しい会計が行われ、財務状況が健全であることをチェックする「会計監査」が義務づけられており、公認会計士にしかできない仕事です。

公認会計士になるには、資格取得が必須になります。受験資格の制限はなく、「短答試験」「論文式試験」に合格し、2年以上の業務補助(合格前後問わず)、実務補修(合格後)による所定単位を取得と「統一考査」を経て取得することができます。その後、公認会計士事務所や監査法人、一般企業を始め、多岐に渡り活躍出来ます。実務経験を積んで独立・開業することも可能です。公認会計士の資格取得は難関なため専門学校などに通うのも一つの手です。独学でも合格する人もいるようです。

【求められる人材像とは?】
公平性。独立した立場で監査するには、公平であることが強く求められます。財務資料に虚偽や問題があると、その企業に投資している人を騙す行為になりかねないからです。企業側にも投資家側にも公平な立場で職務にあたることが必要です。

【ジモティーウォッチ】
近年、公認会計士の数が飽和状態であると言われています。そのため金融庁は、合格者数を抑え、就職しやすい状況にしたいと見解を示しており、一層ハードルが高くなると推測できます。これから公認会計士を目指す人は、金融庁の動向に注目しておいたほうがよいでしょう。一方で、活躍の場も広がっており、企業内で財務担当やIPO担当などで知識や経験を生かせます。公認会計士は企業に必要な会計と監査に携わる専門職です。特に企業の財務が適正かどうかを保証する会計監査業務は公認会計士のみが行うことができるとされています。ジモティーでは公認会計士の資格が必要な職種の求人を地域別に探すことができます。公認会計士の業務は監査法人・税理士法人・会計事務所での勤務をはじめ、金融機関や一般企業内での財務や経理業務の担当、企業の監査役などさまざまです。近年公認会計士の数は飽和しているといわれていますが、その一方で企業のIPO(株式公開)担当や経営戦略に関するコンサルティング業務など、活躍のフィールドが広がっています。定期的にページをチェックして、自分の能力を生かせる求人があるかどうか探してみてください。

▲ 全国 正社員 専門職 > 公認会計士一覧トップへ
 >   >  公認会計士の正社員の求人情報