>   >  弁護士の正社員の求人情報

弁護士の正社員の求人情報 全3件

全国の弁護士(専門職)の正社員の求人情報の掲示板。無料求人広告・無料掲載のジモティー全国版。都道府県別・職種別に正社員の求人情報の無料広告が簡単に無料掲載でき、簡単にお問合せいただけます。_弁護士は法律の専門職で、司法試験に合格し、弁護士会に登録しなければ活動できない職業です。転職先としては法律事務所、一般企業などがあります。個人の法律事務所に転職する場合は即戦力になる弁護士として働くことが求められるケースが多く、これまでの経験の有無が採用の基準になることも多くあります。また、一般企業では特許関係や法務業務をこなす社内のリーガルチームの新しいスタッフを募集している求人情報があります。

全国の弁護士(専門職)の投稿一覧

他の条件で専門職の正社員を探す

全国の弁護士(専門職)について

【弁護士って】
弁護士とは、依頼人の利益や権利を守る法律の専門家のことを指します。刑事訴訟法に基づき、犯罪を犯した物に対して罪を問う「刑事裁判」での弁護人、民事訴訟法に基づき、人や企業同士が争う「民事裁判」の代理人を務め、依頼人を全力でサポートする仕事です。

弁護士になるには、司法試験に合格する必要があります。受験資格は2つあり、法科大学院(ロースクール)へ進んで所定の過程を修了するか、司法試験予備試験に合格すると受験資格を得ることができます。司法試験予備試験は、だれにでも受験資格はあります。難関資格であることから、資格スクールに通うことが一般的なようです。司法試験合格後、約1年間の司法修習を受けながら、「裁判官」「検察官」「弁護士」の3つから進む方向を決めていきます。司法修習の最後に考試(二回試験)を受け、合格しなければなりません。

【求められる人材像とは?】
責任感。依頼人の人生を大きくかえる弁護士の仕事は、依頼人の人生を背負っていると言っても過言ではありません。依頼人の利益を最大化にするため責任をもって仕事を遂行することが大切です。

信頼関係の構築。依頼人はいきなり全てを包み隠さず話す人ばかりではありません。依頼人も弁護士のことを見ておりこの人と一緒に戦ってくれるかどうか相談を通じて判断しています。依頼人の相性もありますが、相談しやすい雰囲気や信頼関係を築いていけるスキルを磨くことが大切です。

不利な裁判やおカネにならない仕事でも、積極的に社会的弱者を助けたいと思う強い気持ちのある人に弁護士は向いていると言えます。

【ジモティ―ウォッチ】
弁護士不足が社会問題になってから、国が率先して弁護士数を増加させ年々増加の一途をたどっています。全国で31,088人(2012年現在)であり今後も増えていくことが予想されます。また、法科大学院を修了した人は、司法試験に直接受検することができ合格率が以前と比べ上がっており、これからの弁護士は高い専門性を身に付けることが求められるでしょう。

【弁理士って】
弁理士とは、知的財産権の専門家のことを指します。知的財産権の権利取得や、それに付随するさまざまな法律上の手続きを代行や特許、意匠、商標などについても特許庁に登録する手続きを代行します。

弁理士になるためには、弁理士試験に合格しなければなりません。受験資格は特になくだれでも受験することができます。難関資格なため、資格スクールや通信教材を利用する人が多いようです。試験は筆記試験と口述試験があり、人によっては免除されるので、詳細は特許庁で確認しましょう。資格取得後、特許事務所や法律事務所、または企業内の知的財産関連部門などで活躍できます。また独立して特許事務所を開く事も可能です。

【求められる人材像とは?】
発明に対する理解力と文章能力。発明したものをどれだけ正しく理解できていなければなりません。それには、その分野の知識の有無もありますが、技術的な本質が把握できるようにしましょう。その本質が理解できれば、それを正しく文章に起こします。正しく文章が起こせないと特許請求の範囲で示される発明の範囲が狭くも広くもなるため責任重大な作業です。

高い語学力。特許権は国別の独立した権利であるので、日本以外で特許申請したり国外から日本へ特許申請したりと海外の代理人とやりとりする機会が多くなります。そのため高い語学力が必要になります。

【ジモティーウォッチ】
新興国の台頭に伴って、日本の国際出願の数が伸びてきており日本の知的財産を守る弁理士の役割は一層増大しています。特に日本の技術力が高いことから模倣されている現状が続いています。いかに盗用されず日本の企業の利益を守っていくには弁理士の手腕にかかっています。しかし一方でグローバルで戦える語学力の高い弁理士が不足しているようです。語学力の高い人はぜひ弁理士を目指してみてどうでしょうか。独立し自分の法律事務所を構えている弁護士以外で、専門職である弁護士が転職する場合、おおむねキャリアアップのために職をさがす場合が多いようです。また、弁護士には専門分野や得意分野があります。どのような得意分野でどのような業務を行いたいのかを明確にして転職する必要があるでしょう。総合法律事務所で勤める場合は幅広い案件を経験できるのも特長で、報酬も努力に見合ったものになることが多いようです。また法律事務所の中でも外資系の事務所は語学力が必要となります。さらに、企業に勤める弁護士の場合、法律事務所で勤めるような雑多な業務は少なく、企業の一員として会社を守る法の専門職として専門業務に集中して働ける環境が整えられているケースも多いようです。

▲ 全国 正社員 専門職 > 弁護士一覧トップへ
 >   >  弁護士の正社員の求人情報