>   >  税理士の正社員の求人情報

税理士の正社員の求人情報 全4件

全国の税理士(専門職)の正社員の求人情報の掲示板。無料求人広告・無料掲載のジモティー全国版。都道府県別・職種別に正社員の求人情報の無料広告が簡単に無料掲載でき、簡単にお問合せいただけます。_ジモティー掲載の内容の中から「税理士(専門職)」を集めたページです。税理士は企業のほかに会計事務所や税理士事務所等からの募集が出ています。有資格者、経験者が優遇される募集が多く掲載されます。また、パソコンの基本的なスキルも必須条件に入ってくることが多いので応募される方は注意が必要です。税理士補助のお仕事もありますので、経験のない方はそちらで経験を積んでから税理士の応募にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

全国の税理士(専門職)の投稿一覧

他の条件で専門職の正社員を探す

全国の税理士(専門職)について

【税理士って】
税理士とは、税金の専門家のことを指します。確定申告や青色申告などの税務代理、相続税申告書などの税務書類の作成、税務相談など税務に付随する業務を行います。

税理士になるには、まず税理士試験の5科目に合格しなければなりません。試験科目は、必須科目2科目、選択必須科目2科目、選択科目7科目の中から5科目選びます。合格後、2年以上の実務経験を経て資格を取得します。一回の試験で5科目すべてに合格する必要はなく、1科目ずつ合格することも可能です。また、一度合格した科目は生涯有効なので、働きながら合格を目指すことができます。受験資格は、専門・短大卒か大学3年次以上で法律系・経済系の科目を1科目以上の履修している人、あるいは簿記系の資格や3年以上の実務経験者などに該当する人です。

【求められる人材像とは?】
コミュニケーション能力が必要。会社の税務・会計を把握していることから税金以外のさまざまな領域でアドバイスやサポートが求められます。税理士本来の業務以外の知識では対応できないこともあります。その分野の専門家と連携するためにもコミュニケーション能力は求められます。

計画・予測力。従来は、過去の数字をまとめることが主要業務でしたが、利益計画による決算予測、事業継承やM&A業務など現在から将来につながる経営アドバイスが求められるようになってきています。このように予測し計画できるスキルは今後ますます必要になっていくことでしょう。

【ジモティ―ウォッチ】
日本には、三大義務の一つ「納税の義務」があるため、理論上国民すべてが顧客の対象になります。顧客の絶対数が多いため仕事自体に困ることはあまりないと言えます。一方で、弁護士や公認会計士は申請のみで税理士の資格を取得することができるため、弁護士、公認会計士の人数に比例して競争が激化していくことが容易に推測できます。税理士は、弁護士や公認会計士にはない自分の「強み」を発見し、どのよう企業に対してアウトプットし、発展に貢献していくかがポイントとなるでしょう。企業の存続を左右することもあるくらい責任の重い業務ですが、反面やりがいも大きいでしょう。税理士の仕事とは、納税者の代わりに税に関する帳簿の管理や税務の税務書類の作成を請け負う職業のことです。この仕事では主な業務がお金に関することなので数字に強いことや、法律の知識も必要とするので高い専門知識を必要とします。その高い専門知識を得ていることを示すためには税理士試験を合格せねばならないため、1から税理士を目指すためには分野への高い関心や知識を得ていくための努力が必要です。しかしながら、資格を習得し実務経験を通して学んでいくことによって、さらなるキャリアアップが望めるのもこの職業の特徴です。例えば事務所の規模拡大や独立などを目指すこともできます。資格をすでに取得している方もこれから取得を目指す方も、どのような掲載があるのかぜひチェックしてみてください。

▲ 全国 正社員 専門職 > 税理士一覧トップへ
 >   >  税理士の正社員の求人情報