>   >  翻訳の正社員の求人情報

翻訳の正社員の求人情報 全47件

全国の翻訳(専門職)の正社員の求人情報の掲示板。無料求人広告・無料掲載のジモティー全国版。都道府県別・職種別に正社員の求人情報の無料広告が簡単に無料掲載でき、簡単にお問合せいただけます。_こちらは言葉を扱う専門職の一つ「翻訳」についての掲載情報を集めたページです。通常のお仕事で勤務地のあるものから在宅で業務を行うことができるフリーランスのものまであります。募集されている言語は英語・中国語・韓国語が多く、経験者は優遇されますし、資格を取得されている方はより優遇される記述が多いです。経験者や資格取得者であっても、翻訳する分野の知識について長けていることが条件に付加されている場合もあるので注意が必要です。

全国の翻訳(専門職)の投稿一覧

他の条件で専門職の正社員を探す

全国の翻訳(専門職)について

【翻訳って】
翻訳とは、外国語から日本語、日本語から外国語に文書に起こして表現することを指します。翻訳とひと口で言っても、その仕事の種類はさまざまです。翻訳の仕事は大きく3つの分野があり、本を翻訳する「出版翻訳」、ビジネス系を翻訳する「実務翻訳」、新聞や雑誌、映画、ゲームなどを翻訳する「メディア翻訳」に分けられます。

翻訳者になるには、資格や学歴はあまり問われませんが、翻訳会社や外資系に採用されるか、翻訳会社などに登録します。会社によっては、大卒や留学経験、語学力を必須にしているところもあります。登録制の場合は、トライアル(テスト)を課し、その結果で合格・不合格が決められます。合格しても初級、中級、上級翻訳者として分けられ文字数に限らず報酬単価が変わらない会社もありました。今は、ネット翻訳が登場し、トライアルの合格レベルにより、単価(レベルにより変化)×文字数で算出されます。トライアルに合格するために、翻訳養成スクールなどでスキルアップを図りましょう。一つ気をつけなればならない点は、トライアルに合格してもすぐに仕事がくるとは限らないので数社くらい登録してみましょう。

【求められる人材像とは?】
柔軟性。辞書や翻訳ソフトを駆使しても半分くらいは、そのままの言葉では使えません。意味を変えず、日本語らしい文章を書くには柔軟な表現力が必要です。そのためいろいろな分野の記事や雑誌に目を通し表現力を高めていきましょう。

リサーチ力。重要になってきます。翻訳する際に、その分野の背景を理解しなければ質の高い翻訳ができないからです。その他に、理解力も求められます。翻訳会社によっては、専門外分野の翻訳依頼がきます。そのたびに、断っていると仕事が来なくなる傾向にありす。分野によっては、ほしい情報が必ずしも見つかるわけではありません。特に最先端技術系の翻訳は、その分野に精通しておく必要があり、日頃からアンテナを立てておくことが大切です。

最低限の語学力は必要です。英字新聞などでも俗語や隠語を使って表現することもあります。それらの言葉は、文脈やその国の検索エンジンからリサーチしなければなりません。そのため、いろいろな国で使われている有名な検索エンジンを使い分けできるようにしておきましょう。

【ジモティーウォッチ】
翻訳に関して言えば、昔と比べなりやすい職種になってきたと思います。以前は、留学はもちろん、辞書を片手に翻訳してきましたが、今では、ネットの機械翻訳や翻訳ソフトが登場しており、その精度も年々よくなってきています。必ずしも留学経験がなければいけないというわけではありません。一定期間翻訳の勉強をすれば、翻訳会社のトライアル(最低ランクですが)パスすることができるようになるでしょう。専門職である翻訳の仕事とは、企業の中では海外からの問い合わせ対応やメール対応または電話応対、マニュアル等の資料の翻訳等があります。フリーランスは翻訳会社と契約をしてさまざまな種類の翻訳を請け負います。また、外国人スタッフとの通訳係やお店の従業員としてお客様の通訳係を任される業務の求人もあります。フリーランスの掲載の場合は、学歴や資格、経験などにおいて条件が厳しいところも多いので注意が必要です。しかしながら、企業やお店の通訳、電話応対などの業務の場合翻訳の仕事は未経験でも指定された言語での実務経験があれば応募資格に適する掲載もあるので、翻訳としての実務がない方は未経験可の掲載を見てみてください。

▲ 全国 正社員 専門職 > 翻訳一覧トップへ
 >   >  翻訳の正社員の求人情報