>   >  飼育員の正社員の求人情報

飼育員の正社員の求人情報 全0件

全国の飼育員(教育)の正社員の求人情報の掲示板。無料求人広告・無料掲載のジモティー全国版。都道府県別・職種別に正社員の求人情報の無料広告が簡単に無料掲載でき、簡単にお問合せいただけます。_こちらは教育に関わる求人・転職情報の中から「飼育員」の求人・転職情報を掲載したページです。水族館・動物園での展示飼育業務、牧場での動物飼育、各種研究施設における実験動物の飼育管理や実験補助、養豚・養鶏・牛舎などの畜産飼育作業員等、飼育に関連したさまざまな求人情報を探し出すことができます。こまめにページをチェックすることで、あなたの「飼育」に関する知識や経験を生かすことができる求人が見つかるかもしれません。

全国の飼育員(教育)の投稿一覧

他の条件で教育の正社員を探す

全国の飼育員(教育)について

【ブリーダーって】
ブリーダーとは、犬やネコなどの動物から、熱帯魚やオオクワガタなどの繁殖や改良を職業としている人のことを指します。動物や昆虫などの血統を守り、健康な子を育てるためにも、交配や飼育などの正しい知識や高度な技術が不可欠になります。繁殖させる動物によっては、購入希望者の要望により血統書が求められることもあります。

ブリーダーになるには、資格や学歴は問われませんが、開業し販売するさいに、「動物取扱業登録」と「動物取扱責任者」が必要になります。ブリーダーとして活躍できる会社は少なく、独立開業がメインとなります。まず、ブリーダーの助手として実務スキルを身につけましょう。ブリーダーの養成講座もあるので、基礎的な知識を身に着けるのもスキルアップの一つです。

【求められる人材像とは?】
世話ができる人。餌やりをはじめ、排泄物の処理、体調管理から交配や出産など場合によっては24時間観察しなければならないこともあります。世話を続けるには根気や体力も大切です。

経営力。独立がメインとなるため、繁殖にかかるランニングコストから、PCスキルや財務・会計などの基礎知識が必要になります。廃業しないよう続けていくためにぜひ身に着けましょう。

動物好きには魅力のある仕事だと言えますが、動物の育成に必要な設備や環境、適切な飼育方法の知識が求められます。ペットのために幅広く勉強していける人がブリーダーに向いていると言えます。

【ジモティーウォッチ】
最近ブリーダー業界は落ち着いています。「動物取扱業登録」が義務化される前までは、一部のブリーダーが遺伝疾患のある子犬を国内で売買し多くのトラブルを引き起こしました。当時、欧州では、「遺伝疾患の子犬を日本に高く売る」ことが多々あったようです。購入したブリーダーの中には説明を受けなかったりして遺伝疾患を見抜けなかったようです。ブリーダーは売買のビジネスで収入を得ているため、繁殖を効率よく行わなければならない一方で、コスト以上の愛情も注ぎ込めるような人はやりがいも見いだせ長く続けていけることでしょう。ただ、ビジネスとして大きな成功が得られるかどうかは別問題になります。「飼育員」の仕事としてポピュラーなのは、水族館・動物園・サファリパーク・牧場テーマパークなどにおける飼育展示業務でしょう。動物の健康管理や給餌、来客を目的としたイベント企画・運営、ショーに向けた動物のトレーニング、生態の研究などを行っていきます。他にも実験動物を必要とするさまざまな研究機関においてマウスや昆虫などの飼育・維持業務を行うスタッフや、養鶏・採卵・養豚・牛の飼育など各種畜産農場で飼育管理や畜産物の出荷・販売に携わる人材の募集が掲載されていることもあります。特に必要な資格や免許はないことが多いですが、業務内容によっては飼料や動物の運搬に自動車や大型車輌、重機などの運転免許が求められる場合もあるでしょう。

▲ 全国 正社員 教育 > 飼育員一覧トップへ
 >   >  飼育員の正社員の求人情報