>   >  幼稚園教論の正社員の求人情報

幼稚園教論の正社員の求人情報 全131件

全国の幼稚園教論(教育)の正社員の求人情報の掲示板。無料求人広告・無料掲載のジモティー全国版。都道府県別・職種別に正社員の求人情報の無料広告が簡単に無料掲載でき、簡単にお問合せいただけます。_幼稚園教論は、幼稚園教論免許状をもっている人のみが従事できる教育の専門職です。保育園の先生は保育士として福祉の面から保育を行いますが、幼稚園の先生は文部科学省の方針の下で教育の観点から保育を行います。先生であり、あるときは保護者である立場から家庭教育だけでは身につけられない社会性や協調性、心身の健康を養う教育を子どもたちに対して行います。転職情報は幼稚園のスタッフ募集が主ですが、教育関連の事業を行っている一般企業の人材募集もあります。

全国の幼稚園教論(教育)の投稿一覧

他の条件で教育の正社員を探す

全国の幼稚園教論(教育)について

【幼稚園教諭って】
幼稚園教諭とは、3歳から小学生就学までの幼児に対して、保育や指導を行う人のことを指します。音楽や遊び、運動を通して、幼児の心身の発達を促し育むよう指導する仕事を担っています。

幼稚園教諭になるには、幼稚園教諭免許状の取得が必須になります。そのため、大学や専門学校でなどで必要な単位を習得する必要があります。取得後、希望する幼稚園の採用試験に受かりその業務に就けます。幼稚園教諭免許状は、通信制大学でも取得することができますので比較的取得しやすいといえます。

学校選びのポイントの一つとして、教育実習が必要性からその学校が実習先を斡旋しているかどうかが調べおく必要があります。

【求められる人材像とは?】
「察する」能力が必要です。幼児は自分の考えを言葉で表現できない場合が多いですので、幼児が言おうとしていることや気持ちを察知するスキルが求められます。また、幼児は何をするかわからないためその意味でも「察知」できると危険を前もって防ぐことができるでしょう。

自主性を育める人。幼児一人ひとりの個性を認め、その幼児が持っている可能性を引き出し、学びに対するよろこびや自主性が自然な形で芽生えるよう手助けできれば良い先生として活躍できるでしょう。

幼児とともに成長していける人に向いています。ぜひチャレンジしてください。

【ジモティーウォッチ】
少子化と言われる現在、公立・私立に関係なく、各幼稚園ごとに独自の「強み」をPRし、より個性的なスタイルで運営されているところが多くなってきています。英才教育を掲げている幼稚園では、英語や体操、芸術分野などのさまざまなプログラムを用意し差別化を図っています。そのため、専門的な知識と技術を持った人材を採用する傾向にあり、幼稚園教諭になりたい応募希望者一人ひとりの「特技」に着目しているようです。これから幼稚園で働きたいと思う人は、自分の特技をブラッシュアップしたり、新しい特技を身につけたりしておくとよいでしょう。教育の専門家である幼稚園教論が転職を希望する理由で最も多いのは、結婚や出産にまつわるものとなっています。結婚して新しい住まいの近くで仕事を探したい、出産や子育てで一時的に仕事を休んでいたけれど仕事に復帰したいといったものです。また、労働条件や人間関係など現状よりも条件の良い職場に移りたいといった希望も多いようです。幼稚園教論の転職先としては国公立の幼稚園や私立の幼稚園などがほとんどですが、明るく責任感のあるスタッフが求められることはどこの幼稚園も変わりません。事例は少ないものの例外的に、民間のおもちゃメーカーや絵本の出版社などでも幼稚園教論の資格や経験をもった優秀な人材を探している場合があります。

▲ 全国 正社員 教育 > 幼稚園教論一覧トップへ
 >   >  幼稚園教論の正社員の求人情報