>   >  記者の正社員の求人情報

記者の正社員の求人情報 全1件

全国の記者(クリエイティブ)の正社員の求人情報の掲示板。無料求人広告・無料掲載のジモティー全国版。都道府県別・職種別に正社員の求人情報の無料広告が簡単に無料掲載でき、簡単にお問合せいただけます。_ジモティーの中でも記者についての転職情報を集めたページです。雑誌や新聞など、クリエイティブ業界での求人情報です。記事として文章の執筆はもちろん、写真の撮影などが業務に入ってくるケースもあります。就業形態は、企業に属す企業内記者やフリーランスで働く人もいます。また、パートやアルバイトでの働き方もありますので自分のライフスタイルに合った働き方を選ぶことができます。最近ではインターネットを媒体としたニュースやブログなどさまざまなジャンルのメディアで幅広く仕事ができるようになっています。

全国の記者(クリエイティブ)の投稿一覧

他の条件でクリエイティブの正社員を探す

全国の記者(クリエイティブ)について

【ライターって】
ライターとは、文章を書く人のことを指します。ライターと呼ばれる職業は、非常に幅広く、雑誌や書籍から広告のコピー、ウェブサイトの文書を書くことまでライターの仕事内容です。宣伝のコピーを書く人はコピーライター、録音テープを文章に書き起こす人はテープライターと呼びます。働き方は、企業内の専属ライターとして活躍するかフリーとして依頼を受けて仕事をしますが、「好きなことを書く」と言うことではなく、指定・指示されたテーマをもとに文章を書き起こすことが求められます。

ライターになるには、未経験でも募集している企業がありますが、実務経験や編集経験を問うところもあります。未経験の場合、実用ライティング検定など取得していると有利になることもあります。企業内の専属ライターとして経験を積み、独立しフリーとして活躍することもできます。

【求められる人材像とは?】
文章力と表現力。ライターはどの分野のライターもメッセージを発信します。例えば、商品などはその魅力を最大限に引き出し、伝えることが求められます。目的に応じた言葉に命を吹き込む大事な仕事です。ターゲット別に表現力を変え、心を鷲掴みにするような文章力が必要です。

PCリテラシー。情報収集や入稿、メールでのやりとりなど最低限のPCリテラシーは必要です。また、Web媒体での執筆では、SEO対策も含めた執筆を求められる場合もありますので、幅広いPCリテラシーがあるとよりよいでしょう。


【ジモティーウォッチ】
ネットが普及するにつれ、Web媒体でのライターニーズが高まってきています。Webライターは、本格的なライター以外にもアフェリエイト系の記事作成など比較的敷居が低くライタ-なり易いと言えます。アフェリエイト系の記事作成代行は未経験者でもチャレンジできることや在宅でできる仕事などで注目を浴びているようです。また、外資系のフリーペーパーなどもライターを募集しているので、語学力があればチャレンジしてみてはどうでしょうか。

【記者って】
記者とは、新聞・雑誌や放送などで、記事の取材・執筆または編集に携わる人を指します。通常マスメディアに属する人を指し、社会的事件や事象を取材して記事にまとめ上げます。

記者になるには、その分野の知識や実務経験者を求めているところが多いようです。ジャーナリスト養成学校で基礎を学んだりすると有利になることもあります。外資系の求人もあり、語学力のある人はぜひチャレンジしてみてください。経験を十分積み、人脈を作っておけばフリーとして活躍することも夢ではありません。

【求められる人材像とは?】
情報収集力。文章を書くにはまず、資料や情報が必要になります。そのため情報収集能力が必須になり、パソコンで検索したり、足を使ったりするなどフットワークの軽さや体力が求められます。必要とする資料や情報がすぐに見つかるのならいいですが、なかなか見つからない場合、根気強く地道に探さなくてはならず、持続力や忍耐力も必要になってきます。

文章を書くことが仕事なのですが、一般的に例えば、取材から情報を収集するさいに、「誰に何を聞くか」、その情報の信ぴょう性の裏付け、果ては相手の「声なき声」をひろいあげることなど、判断力や分析力、洞察力などが重要になってきます。

幅広い知識。記事の対象には、日常生活のモノから経済、政治、領土紛争など多岐にわたるため、各分野の背景がわかるぐらいの理解力が問われます。その後、それらの資料や情報を整理し、指定された字数に合わせて文章をまとめます。一般的に納期があるため、それに間に合うようにタイムマネジメントしながら、原稿を仕上げていきます。

【ジモティーウォッチ】
記者は、最先端の話題や情報に触れられることができるので、刺激的な仕事といえます。執筆した原稿によっては、ブームの火付け役になったり、社会へ警鐘をならしたりと非常にやりがいがありますが、大きな責任もともないます。他方、会社の方針や職場のやり方、読み手や目的によって構成や書き方が異なるためその点注意しましょう。記者という職業は英語で言うジャーナリストであり、新聞や雑誌からインターネットサイトなどにさまざまな記事や素材を提供する職業です。文字や文章、写真で物事を客観的に見て情報を発信することが求められます。近年はインターネットに情報が溢れている時代なので、仕事の幅も量も広がってきているといえます。記者という職業には資格や免許状などはなく、得意分野を示すために○○ジャーナリスト(国際・経済…)等と自称する記者も多いです。主に実績に基づいて評価される職種なので、経験の無い方でも記者になることは可能です。クリエイティブな職業ですので、基本的な文章力や客観性はもちろん、読者が理解しやすく興味を持ちやすい文章の構成なども必要とされる能力です。

▲ 全国 正社員 クリエイティブ > 記者一覧トップへ
 >   >  記者の正社員の求人情報